キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの計り方

1.適切なキャットフードの量を計るには

猫にキャットフードを与える際、いつも置き餌をしていて、フードがなくなったらその都度補充をするといったスタイルをとっている飼い主もいます。
しかし、食事の過不足や体調の変化を管理したいのであれば、食事の時間をしっかり決めて、毎食ごとの給餌量を計量して与えることが重要です。
キャットフードを計量して猫に与える場合は、以下の点に注意して計りましょう。

1-1.猫の体重から必要な給餌量を計算する
必要分だけ計量して与える場合、まずは1日分の適切な食事量を飼い主が把握する必要があります。
必要な給餌量は、猫の体重から割り出すことができます。
例えば、室内飼いをしていて体重が4kgある健康な成猫の場合だと「猫の体重(4kg)×体重1kg当たりに必要とするカロリー(70キロカロリー)」の計算式で求められます。
キャットフードのパッケージや公式ページを見れば、体重別で何グラム与えれば良いかについて具体的に記載されているので、それを参照しながら計量しましょう。

1-2.計量スプーンなどを利用して計る
計量する際は、計量スプーンなどを使うと正確な量が計りやすくなります。
だいたい一杯で100~200ccの容量まで入る小さめの計量カップを使うのが一般的ではありますが、正確なグラム数をきっちり与えたい場合は、デジタルで重さが計れる計量器を利用すると良いでしょう。

1-3.1日の食事回数によって1食分の量が変わる
1日のうちに何回食事を与えるかによって、1食分の量は当然変化します。
例えば1日で90グラム与える必要がある場合、食事回数が2回だと1回分の給餌量が45グラムですし、食事回数が3回だと1回分の給餌量は30グラムです。
1日の食事回数は、猫のライフステージや食欲によって変化します。
子猫や老猫の場合は、1回に食べられる量が少ない傾向にあるため、3回に分けることがありますし、食欲旺盛な成猫の場合は1度に食べられる量が多いので2回で済みます。
このように、猫の様子に合わせて1日の食事回数を決めた上で「1日の給餌量÷1日の食事回数」を計算し、1食分の給餌量を導き出しましょう。

2.キャットフードを計ることの重要性

人間の場合、健康を意識して適切な食事量を心がけることができますが、猫の場合は食べたい分だけ食べてしまいます。
猫は本来であれば、自分で狩りをして食料を得ます。
しかし、どのタイミングで獲物が来るか分からないので、食べられる時にしっかりと食べておこうと意識が働く傾向にあります。
そのため、満腹になるまで食べてしまう可能性があるのです。
また、食が細い猫の場合は、本来食べるべき食事量を食べきれないまま残してしまい、必要な栄養を摂取できない危険性も出てきます。
このような食事の過不足を防ぐためにも、しっかりと給餌量を決めて与えることは非常に重要です。
また、毎回決まった給餌量を与えている場合、もし体調不良などで食欲が低下していたらすぐに異変に気付きやすくなるといったメリットもあります。
体調不良に気づくことにより、病気の早期発見に繋がることがあるため、給餌量を計って与えることは猫の健康管理にも役立ちます。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細