キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの原材料(肉・ミート)

1.猫にとって肉は重要な原材料

キャットフードは、動物の肉を原材料として使用しているものがたくさんあります。
猫は肉食動物なので、猫にとって動物の肉は野生本来の食事に似ており、穀物などの原材料と比較をすると消化性が良いという特徴があります。
猫にとって、タンパク質の摂取はとても重要です。
タンパク質は、猫の筋力維持や健康な皮膚や体毛の形成などに欠かせない役割を持っているのです。
そんな重要であるタンパク質が豊富に含まれている肉は、猫にとって欠かせない食材なのです。
それに、猫は胃でタンパク質を消化する「消化酵素」というものを持っており、エネルギーの吸収も素早く行うことができます。
肉類は猫が一番効率よく利用できる食べ物ということです。

2.キャットフードではどのような肉が使用されているか

キャットフードで使用されている肉の種類はフードによって様々です。
以下、キャットフードに含まれている代表的な肉の種類について紹介します。

2-1.チキン
鶏や七面鳥、鴨などを使用しているフードが多いです。
他の肉と比較をするとタンパク質の量が多く、特に胸肉や赤身などはタンパク質が豊富なので、これらの部位が入っているフードは高タンパク質といえます。

2-2.ビーフ
牛のひき肉は、赤身以外は消化性が良いといわれています。
ただし、カロリーが高くカルシウムの働きを弱めるといった特徴があります。
ビーフを使用しているキャットフードを与える際はカロリーのチェックやカルシウムの量にも気を配りましょう。

2-3.ラム
ラム肉はビーフやポークと比較をすると低脂肪なので、肥満が気になる場合にはおすすめです。
また、アレルギーを起こしにくいといわれているため、アレルギー体質の猫にも向いています。

3.質の良い肉を使ったフードを与えたい場合

キャットフードに含まれる肉の質は、フードによってピンキリです。
人間用の食用肉と同レベルのものを使用しているものもあれば、人間用の食用肉を加工する際に出た肉のくずを集めて使っているものもあります。
できるだけ質の良い肉を食べさせたいのであれば、質の良い原材料を使っている「ヒューマングレード」という記載があるフードを選ぶのがおすすめです。
また、肉自体は消化性が良いのですが、消化性が悪い穀物(小麦、トウモロコシ、イモなど)が肉よりも多く配合されているフードだと、当然ながら消化性は劣ります。
なので、できる限り肉が多く使用されているフードを選ぶことをおすすめします。
穀物を一切使用していないグレインフリーのフードを与えると、消化性の面で安心して与えることができるのでおすすめです。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細