キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードに含まれている栄養素(ミネラル)

1.ミネラルとは

ミネラルとは、体を作る元素のうち、酸素、窒素、炭素、水素を除いたもののことを指します。
猫にとってミネラルは必要不可欠な栄養で、キャットフードにもミネラルが含まれているのです。

2.ミネラルの種類

ミネラルは、主要ミネラルと微量ミネラルの2種類に分類することができます。
主要ミネラルは、猫の体内に多く存在しているものを指し、カルシウムやリン、ナトリウム、塩素、硫黄、マグネシウムなどが主要ミネラルに該当します。
また、微量ミネラルは猫の体内に多く存在しないものを指します。
鉄や亜鉛、亜鉛、マンガン、セレン、フッ素、ヨウ素、コバルトなどが微量ミネラルに分類されます。

3.ミネラルがもたらす効果

カルシウムやリンなど、ミネラルとひとくちにいっても様々な種類が存在します。
主なミネラルの種類とその効果について、以下の項目で紹介していきます。

3-1.ナトリウム
ナトリウムは筋肉の収縮を助ける効果や、体内にある水分バランスを調整する働きなどを持っています。
また、細胞の機能においても重要な栄養となっています。

3-2.カリウム
野菜や肉、魚、卵などさまざまな食材に含まれているのがカリウムです。
ナトリウムと同じく、細胞の機能を正常に動かすために必要な栄養です。
また、エネルギー代謝や神経伝達の働きにおいても必要不可欠な存在です。

3-3.カルシウム
カルシウムは、乳製品や肉や魚の骨に含まれています。
リンとのバランスを考えながら摂取することが重要とされており、骨と歯を作るのに欠かせない栄養です。

3-4.リン
カルシウムと同じく、リンも肉や魚の骨などに多く含まれており、猫の骨や歯の成形において大きな役割を持つ栄養です。

3-5.鉄
鉄は、レバーや魚、ホウレンソウなどの緑系の野菜などに含まれています。
酸素を全身に運ぶ働きを担うヘモグロビンやミオグロビンを構成するのに欠かせない栄養です。

3-6.亜鉛
亜鉛は、全粒の穀物や肉などに含まれています。
猫の体内では代謝において大きな役割を持っており、炭水化物やタンパク質の代謝を助けます。

4.ミネラルは適量の摂取が重要

ミネラルにはさまざまな種類があることを紹介しましたが、特定のミネラルばかりを摂取するのはおすすめできません。
なぜなら、ミネラルはそれぞれの摂取バランスを考えながらとることが重要とされているからです。
例えば、リンを過剰摂取してしまうと、カルシウムの吸収が悪くなってしまいます。
他にも、マグネシウムとカルシウムの摂取バランスが悪くなると、体調不良などに繋がることもあるのです。
ミネラルをバランス良く摂取するには、リン1に対して、とカルシウムが1.2~1.5の比率で摂取すると良いでしょう。
また、マグネシウムとカルシウムのバランスにおいては、カルシウム2に対して、マグネシウムが1の比率で摂取すると良いです。
また、ミネラルはからだに良いものだからといって、ミネラルウォーターを猫に与えることはやめましょう。
ミネラルを多く摂取しすぎてしまうと、尿路結石などの病気に繋がる場合があります。
基本的にキャットフードを与えていれば、必要なミネラルは全て補給できるように作られているので、ミネラルを特別多く与える必要はありません。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細