キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

ウェットキャットフードの選び方

1.総合栄養食と一般食、どちらを与えるか決める

ウェットフードには、大きく分けてふたつの種類があります。
総合栄養食と一般食です。
このふたつは、それぞれ用途が違うので、猫の食生活を考えた上で、合ったものを与えましょう。
以下、それぞれの特徴について説明します。

1-1.総合栄養食
総合栄養食とは、猫に必要な栄養が十分に詰まったフードです。
総合栄養食は、主食として与えることが一般的で、総合栄養食のみで必要な栄養を補給することができます。
一般的には、ドライフードタイプの総合栄養食を与える飼い主さんが多いです。
ですが、噛む力が弱い子猫や老猫、病気を患っていて硬いフードをかみ砕けない猫にはこのウェットフードタイプの総合栄養食がおすすめです。
また、ドライフードよりウェットフードの方が、水分量が多く、嗜好性が高いので、食欲不振やグルメな猫にもおすすめできます。

1-2.一般食
一般食は、主におやつやドライフードのトッピング、水分・栄養補給のサポートとして用いることが一般的です。
商品によっては、「副食」や「栄養補完食」などの表記がされている場合があります。
総合栄養食のように、十分な栄養を一般食だけで補うことは難しいため、一般食を与える時は、総合栄養食も与えることを忘れないようにしましょう。

2.健康状態によって決める

アレルギー持ちやダイエット中、病気を患っている猫には、それぞれの症状に対応したウェットフードを与えましょう。
泌尿器や消化器、腎臓をケアするフードや、糖尿や肥満対策用のフード、オーガニック素材で作られたフードなど、様々な種類があります。

3.フードの形状によって決める

素材の形が残っているフレークタイプや、ムース状になったパテタイプ、素材をスープ状に煮込んだスープ・シチュータイプなど、ウェットフードには様々な形状があります。
猫の好みや食べ方などを考慮して、合った形状のフードを与えましょう。

4.猫が好む味によって決める

鶏肉や牛肉、豚肉、魚、七面鳥、鴨、ラム、鹿、猪、バイソン、馬など、商品によって使用されている原材料は全然違います。
好みの原材料がある猫や、飽きっぽいグルメな猫には、口に合うフードを選んであげましょう。

5.ブランドによって決める

それぞれのブランドにはコンセプトが設定されています。
例えば、「冷凍食材を使用しない」ですとか、「オーガニック素材のみを材料として使用する」などといったコンセプトです。
各ブランドが掲げているコンセプトに着目し、猫にとって良さそうなブランドのフードを選ぶことをおすすめします。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細