キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

原産国と原産地は違う

1.原産国と原産地の違い

原産国と原産地は似たような言葉ではありますが、それぞれ意味が異なります。
キャットフードを選ぶ際は、原産国と原産地の違いを理解した上で購入することをおすすめします。

1-1.原産国とは
原産国とは、キャットフードの原材料を調達して加工した場所のことを指します。
つまり、海外産の肉や魚などを使っていたとしても、それを輸入し最終的に日本で加工するのであれば、そのキャットフードの原産国は日本ということになります。
ここでいう加工の定義とは、輸入した材料の本質は残したままでさらに手を加えることを指します。
また、フードのタイプによって、最終的な加工場所というのは以下のように定義されています。
・ドライフードの場合:押し出し機を使ってフードを形成した場所 ・ウェットフードの場合:レトルト殺菌を行った場所 ・練り加工したフードの場合:練り成型をし、加熱をした場所 ・焼き菓子・パンタイプのフードの場合:加熱をした場所 ・素材乾燥したフードの場合:実質的な加工や変更を最後に行った場所 ・複数の製品を組合せたフードの場合:複数の製品を組み合わせてひとつの製品へと加工した場所 他にも、実質的な変更や加工場所がいくつもある場合などは、その旨を分かりやすいように表示するか、補足を付け加えることが定められています。
ちなみに、完成した商品を容器に詰めて包装する、ラベルを貼る、ただ切断するだけなどを行った場所については「最終的な加工場所」とはなりません。
そのため、海外で完成したキャットフードを日本に輸入し、これらの行為を行ったとしても原産国は「日本」とはならないのです。
また、ペット安全法により原産国の表示が義務付けされているので、パッケージを確認すればそのキャットフードがどこの国で加工されたかについて知ることができます。

1-2.原産地とは
原産地とは、原材料の産地のことを指します。
また、魚などの魚介系についてはどの海でとれたかについて記載することができます。
肉や魚などの育成場所が複数ある場合などは、育成時間が一番長かった場所がその原材料の原産地となるのです。
つまり、日本で加工を行っていたとしても、アメリカから輸入した肉を使用しているのであれば、その肉の原産地はアメリカとなります。
原産国については記載しなくてはいけませんが、原産地については表示の義務は特にないため、パッケージを見ただけでは原産地が分からないキャットフードもあります。
そのため、もし原産地の記載がなく、どのような原材料が使用されているか気になる場合は、問い合わせをしてみるなどの行動が必要です。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細