キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

質の悪いキャットフードの見分け方

1.質の悪いキャットフードの特徴

キャットフードの質は商品によってピンキリです。
質の悪いキャットフードは、質の低い原材料が使用されていたり、見た目だけを良く見せようと着色料が多く使用されていたりすることがあります。
質の悪いキャットフードを食べ続けると、猫によっては健康が維持できなくなり体調不良を起こす危険性があるため、猫の健康のためにも質の良いフードを与えるのが理想的です。
以下、質の良いキャットフードの特徴をまとめたので、紹介していきます。

1-1.主な原材料が穀物になっている
原材料の欄をチェックして、トウモロコシや小麦、大麦、米、玄米などがメインに使われている商品は、あまり良いキャットフードとはいえません。
なぜなら、穀物の摂取は猫にとってデメリットがとても多いからです。
猫は肉食動物の穀物を食べる習性がない関係で、小腸が発達し大腸は短いという特徴があります。
この構造は、肉や魚を消化することには向いていますが、ゆっくり時間をかけて消化をしていく穀物には適していないのです。
そのため、穀物を多く摂取しすぎると消化不良で体調を崩す場合があります。
なので、猫本来の食生活に近い、肉や魚が原材料になっているフードを与えることが理想的です。
しかし、肉や魚などよりも、穀物の方がコストをあまりかけずに手に入れられるため、穀物を使用しているフードもたくさんあるのが現状です。
キャットフードの中にはグレインフリーという穀物を一切使用していないフードもあるので、そのようなフードを与えると安心です。

1-2.原材料に何が使われているか不透明
肉や魚を使っているキャットフードでも、原材料の項目を細かく見てみると、「肉類」「○○ミール」「肉粉・肉骨粉」などといった曖昧な記載をしているものがあります。
このような記載方法だとどのような肉や魚を使っているのか不透明ですし、質の悪い肉や魚を使用している可能性があります。
逆に、原材料に自信がある商品の中には、骨なしチキンやサーモンオイルなど、どのようなものを原材料として使っているのか明確に記載があります。
正体不明の原材料が入っているフードよりも、明確に原材料の記載がされているフードの方が安心ですし、質の悪いフードを与えるリスクを回避できます。

1-3.着色料・添加物がたくさん使われている
質の悪いフードの中には、見栄えだけを良く見せようとして着色料を使用しているフードがあります。
しかし、着色料は猫のからだにとってメリットがなく、逆にアレルギーを起こす可能性がありますし、発がん性の危険性が指摘されています。
また、そもそも猫は人間のように色を正確に判断できる目を持っていないので、見栄えの良い着色をしても、猫にとっては意味がないのです。
赤色〇号、青色〇号などといった表記は着色料が使用されているということなので、そのようなフードはできるだけ避けることをおすすめします。
また、添加物が使用されているフードもおすすめできません。
発がん性などが指摘されているエトキシキンやBHA、BHT、亜硝酸ナトリウム、ソルビン酸カリウムが入っているフードを与え続けた場合、猫の健康に害が出る可能性があります。
添加物の多いフードを長年食べ続けた結果、猫の寿命が縮まることになるのは飼い主としても避けたいので、無添加を謳っているフードを与えるのが安心といえます。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細