キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの添加物(ソルビン酸カリウム)

1.ソルビン酸カリウムとは

キャットフードには、ソルビン酸カリウムという人工添加物が使用されていることがあります。
ソルビン酸カリウムは保存料の一種で、フードの傷みを遅らせる効果があるのです。
カビや細菌に対して効果を発揮し、長期保存もできるため、キャットフードだけでなく人間の食べ物であるハムやソーセージ、練り物、漬物、ケチャップ、果実酒などにも使用されています。
ソルビン酸カリウムは、食べ物を長持ちさせる上で非常に重宝されている添加物なのです。

2.ソルビン酸カリウムは危険なの?

ソルビン酸カリウムは人工的に作られた添加物です。
ソルビン酸カリウム自体に毒はないのですが、亜硝酸ナトリウムという添加物に反応して発がん性物質に変わる性質を持っています。
また、過去に行われたソルビン酸カリウムと亜硝酸ナトリウムをラットに投与する実験では、発がん性物質の反応が確認されました。
そのため、ソルビン酸カリウムの安全性を疑問視する声も上がっています。
ただし、この実験の際には大量のソルビン酸カリウムが用いられており、キャットフードにおいてそこまでの大量のソルビン酸カリウムは使用されていません。
また、ペットフード安全法というペットフード製造に関するルールにおいて、ソルビン酸カリウムの量は制限値が設定されています。
1日に摂取しても問題ない許容量をしっかりと計算し、それに基づいてキャットフードが生産されているのです。
そのため、市販のキャットフードを食べさせていれば、猫の健康に影響を及ぼす可能性は至って低いといえるでしょう。

3.ソルビン酸カリウムと同じ働きを持つ天然の素材

しかし、毎日ソルビン酸カリウムを摂取し続けることに不安を感じる飼い主さんも中にはいるでしょう。
その場合は、ソルビン酸カリウムと同じ働きを持つ天然素材を使用したフードへ切り替えるのもひとつの方法です。
例えばローズマリーの葉っぱから抽出されるローズマリー抽出物や、緑茶から抽出される緑茶抽出物、クランベリーなどはソルビン酸カリウムと同じように、保存料としての働きを持っています。
また、添加物自体が気になる場合は、無添加のキャットフードを与えるのも良いでしょう。
キャットフードに使用されている人工添加物の中には、ソルビン酸カリウム以上に毒性が強いものも存在します。
それらの添加物を避けるといった意味でも、無添加キャットフードへの切り替えは非常に賢い選択だといえます。
人工添加物が入っているキャットフードに比べると、消費期限が短かったり、価格が高かったりといったデメリットもありますが、猫の健康には良い影響を与えてくれるので一度検討してみる価値はあります。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細