キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

妊娠・授乳期用キャットフード

1.妊娠期のキャットフードについて

猫の妊娠期間は約65日程度です。
およそ2か月という短い期間の中で、妊娠して出産をするのです。
妊娠して約1週目あたりから母猫はどんどん体重が増えて、徐々に食欲旺盛になります。
出産に向けて多くのエネルギーを必要とするため、この期間の食事管理は非常に重要です。
猫は妊娠すると、発情期特有の鳴き声を出さなくなります。
代わりに乳首が大きくなったり、床にゴロゴロと転がるようになったりといったサインが見られるので、そのような兆候が出たらフードの切り替えを行いましょう。
妊娠・授乳期用のキャットフードも出ていますので、そのようなフードに変えても良いですし、栄養が多く詰まっているキトン(子猫)用と書かれたフードを与えても良いです。
また、妊娠中は通常の1.5倍ほど多くエネルギーを摂取させてあげましょう。
そのため、タンパク質35%以上、脂肪18%以上のフードへの切り替えをおすすめします。
その他にも、β-カロテンやビタミンB9、EPA/DHA、タウリンなどの栄養を要します。
妊娠中はこれらの栄養をしっかり摂取するためにも、栄養がしっかり含まれたフードを与える必要があるのです。
フードの切り替えを行う際は、突然新しいフードに完全移行するのではなく、今まで食べていたフードを混ぜながら1週間ほどかけて徐々にフードに慣らしていきましょう。
また、お腹が大きくなるにつれて一回でたくさん食べることができなくなる傾向にあります。
なので、食事の回数を増やしてこまめに食べさせてあげるか、置き餌をして常に食事ができる状態にしておくと良いです。

2.授乳期のキャットフードについて

出産を終えて授乳期に入ると、母猫は子猫に母乳を与えるため、通常の2~3倍のエネルギーを必要とします。
タンパク質と脂質が多く含まれている母乳を出すため出産後も、母猫の食事はタンパク質と脂質が多く含まれるものを与えていきます。
その他にも、ビタミンCやビタミンE、ルテイン、タウリン、EPA/DHA、L-カルニチンなどの栄養を摂取する必要があります。
そのため、フードは引き続き栄養価の高い、妊娠・授乳期用のものや子猫用のものを食べさせていき、いつでも食事がとれるように置き餌をしておきましょう。
また、食事だけでなく水も十分に摂取する必要があります。
もし水をあまり飲みたがらない場合は、水分を多く含んでいるウェットタイプのフードを食べさせると良いです。
子猫が離乳をし始めたら、母猫のフードを徐々に妊娠前の食事に戻していきます。
離乳後にも、カロリーの高い食事を続けていると肥満の原因になるため、フードを戻していくことも忘れずに行いましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細