キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

高いキャットフードと安いキャットフードの違い

1.価格によってキャットフードの質が変わる

キャットフードの値段はピンキリです。
1kg数百円で売られているものもあれば、3000円以上するものもあります。
基本的に価格が高いキャットフードほど、質の良い原材料を使っている傾向にあります。
具体的にどのような点で違いがあるのか、安いキャットフードと高いキャットフードの特徴についてそれぞれ紹介します。

2.安いキャットフードの特徴

価格が安いキャットフードはコストを抑えることを優先して作られているため、質の低い材料を使い、それを着色料や添加物で加工しているものが多く存在します。
そのため、猫のからだにとってやさしくない場合があるのです。
以下、安いキャットフードの特徴を2つ紹介します。

2-1.穀物や質の悪い材料を多く使用している
安いキャットフードは穀物を多く使用している傾向にあります。
肉や魚よりも穀物の方がコストをかけずに作ることができるため、かさ増し目的で使用しているフードが多いのです。
しかし、猫のからだは大腸の消化器官が短くできているため、時間をかけて消化をしなくてはいけない穀物はあまり得意ではないのです。
猫によっては消化不良により、下痢や嘔吐、アレルギーを起こすことがあるので要注意です。
また、人間の食用として魚や肉を加工する際に出る不要な部分を、ミートミールやフィッシュミールと表記して使用していることがあります。
その場合、原材料の項目を見ても詳細な説明が書かれておらず、一体どのような肉や魚を使用しているのか不明なものが多いため、信頼性に欠けます。

2-2.着色料や添加物が多い
安いキャットフードは、質の悪い原材料をおいしそうに見せたり、長期間保存できるようにしたりといった工夫をするため、添加物や着色料を多く使用していることがあります。
しかし、添加物や着色料は猫にとって、発がんリスクがあるものや健康維持に支障をきたらすものが存在します。
食べ続けたら100%体調を崩すというわけではありません。
しかし、猫によっては添加物や着色料の入ったフードを食べ続けたせいで病気の原因になったり、アレルギー反応を出したりすることがあるので、あまりおすすめできません。

3.高いキャットフードの特徴

高いキャットフードはコストをかけている分、質の良い肉や魚を使っていたり、添加物などに頼らずに加工をしていたりします。
猫の健康を考えると、以下のような特徴を備えた高価なキャットフードの方が安全だといえます。
3-1.肉や魚を多く使用している 高いキャットフードは、肉や魚をメインの原材料として使用していることが特徴として挙げられます。
チキンやビーフ、ラム肉、白身魚、えび、かになどの素材を使用しており、商品によっては「グレインフリーフード」という穀物類を一切含まないフードも出ています。
猫は肉食動物なので、このような動物性タンパク質が摂取できるフードの方が、本来の食事に近く、猫のからだにやさしいといえます。
3-2.着色料や添加物の使用が少ない 質の良い原材料を使っているので、着色料や添加物の使用が少ないことが特徴です。
商品によっては、無添加のために賞味期限が短く設定されていることがあります。
しかし、期限内に食べきれるのであれば、無添加のフードを選ぶのがベストです。
少量パックの商品もあり、期限に合わせてこまめに買い与えることができるので、猫の健康のために多少価格が高くても、安全なキャットフードを与えることをおすすめします。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細