キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

パテタイプのキャットフード

1.パテタイプの特徴

水分を多く含むウェットフードの中でも、ムース状・ペースト状になっているフードを「パテタイプ」と言います。
嗜好性が高く、柔らかでドライフードにも混ぜやすいことが特徴として挙げられます。
そのため、子猫や老猫のような歯が弱い猫でも食べやすいです。
アルミトレイの容器にパッケージされていることが多く、主食として利用できる総合栄養食や、おかず・おやつとして与える一般食など、用途に合わせた商品が多く出ています。
また、ウェットフードを主食として利用する場合、好き嫌いの激しい猫だと、スープだけを飲んだり、具材の一部だけを食べたりすることがあります。
しかし、それだと必要な栄養を十分に摂取できていない可能性があります。
しかしパテタイプは、原材料がまんべんなくミックスされているため、偏った食べ方を防ぐことができるのです。

2.パテタイプの原材料

ツナや鮭、海老などといった魚介系を使用したものもあれば、チキンやビーフ、ターキーを使用したものなど商品によって原材料は様々です。
フードによっては、魚と肉のどちらも原材料として使用し、ミックスしてある商品もあります。
また、総合栄養食として販売されているフードには、猫にとって重要なたんぱく質や脂質、ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類なども含まれています。
「主食とおかず(もしくはおやつ)のどちらの用途で与えるか」や「飼っている猫の好みの原材料がどれか」などを基準に、必要なフードを選んであげましょう。

3.パテタイプのフードは様々な与え方ができるフード

パテタイプのフードは先述したように、柔らかく混ぜやすいため、与え方にも様々なバリエーションがあり、非常に便利です。
例えば、お薬を飲ませたい時に、薬をパテタイプのフードに包めば、オブラート代わりとして使えます。
また、お湯とまぜてさらに柔らかにすることによって、子猫や老猫の食事として活用できます。
他にも、ドライフードを嫌がる猫には、パテタイプの総合栄養食のフードをそのまま主食として与えることもできます。
また、普段はドライフードを食べるけど、体調不良などから食欲がおちてしまっている猫には、ドライフードに混ぜると食べてくれることがあります。
ウェットフードであるパテタイプは、ドライフードに比べたら味やかおりも強いので、猫の食欲をかき立てる効果もあるのです。
柔らかな点が強みのパテタイプのフードですが、ウェットフードのデメリットとして、柔らかいため歯垢がつきやすいという点があります。
なので、パテタイプを含めウェットフードを与える際は、必ず歯磨きの効果があるドライフードを与えるか、猫用歯ブラシなどでの歯磨きを行うようにして下さい。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細