キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードになぜ穀物が含まれているのか

1.キャットフードに使用されている穀物について

穀物が使用されているキャットフードは数多くあります。
キャットフードに使用されている穀物とは、具体的に小麦や大麦、お米、トウモロコシ、玄米などのことです。
穀物にはメリットだけでなくデメリットもあるのですが、それにも関わらず多くのキャットフードで使用されている理由について、紹介します。

2.穀物がキャットフードに含まれている理由

キャットフードに穀物が含まれている大きな理由として、コストカットができるといった点があります。
本来猫は、動物の肉や魚などを食べます。
しかし、肉や魚だけでキャットフードを作るとなると、コストが非常に高くなるといった難点があるのです。
肉や魚の他にかさ増しとして穀物を使用すれば、大幅なコストダウンを図ることができ、キャットフードを安い値段で提供することができます。
このような理由から、穀物を使用しているキャットフードが多く存在しているのです。
しかし、キャットフードが安くなるということは人間側のメリットであって、猫にとって特に大きなメリットはありません。
猫へのメリットとしては、食物繊維が摂取できるという点が挙げられます。
適量の食物繊維であれば、排便をスムーズしたり、腸内に溜まった毛を排出したりといった効果があります。
そのため、穀物が含まれているキャットフードの中には、便秘や毛玉への効果を宣伝文句として売っているものもあるのです。

3.穀物にはデメリットもある

猫が穀物を摂取することはメリットだけでなく、デメリットも多くあります。
穀物は適量であれば良い効果をもたらすと先述しましたが、過剰摂取をしてしまうと、逆に消化不良を起こす危険性があるのです。
猫は肉食動物のため、肉を消化することは得意ですが、穀物の消化には不向きである短い大腸を持っています。
そのため、穀物を食べすぎることによって下痢や嘔吐などの症状が出る場合があります。
また、穀物は満腹感を得にくい食物であるといわれています。
猫は肉や魚などの動物性タンパク質を摂取することによって満腹感を得るとの意見があり、穀物では肉や魚ほどの満足感は得にくいため、食べすぎるしまう傾向にあります。

4.穀物を含んでいないキャットフードもある

上記のようなデメリットから穀物を与えることには心配があるという飼い主さんには、穀物を含んでいないキャットを与えることをおすすめします。
穀物が含まれていないキャットフードには「穀物不使用」や「グレインフリー」との記載がされています。
穀物入りのキャットフードに比べて、価格が高くなる傾向にはありますが、猫の体調を考慮して穀物不使用のフードを与えることを検討してみる価値はあります。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細