キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードに入っていても大丈夫な添加物とは?

1.自然由来の添加物は比較的安全

添加物というと、からだに害があるようなイメージを持っている方も多いですが、実は比較的安全な添加物というのも存在します。
そもそも添加物とは、保存料や着色料、香料など、食品の加工や保存目的で使用するもののことを指し、「添加物=全てが危険」というわけではないのです。
自然由来のものから抽出したものや、自然界の中にも存在する添加物の場合は、毒性をそれほど気にすることなく摂取できる傾向にあります。
以下、安全な添加物について、詳細を紹介します。

1-1.トコフェロールについて
トコフェロールは別名ビタミンEとも呼ばれており、ビタミンの一種に分類されます。
トコフェロールは抗酸化作用に長けており、食品の酸化を防ぐ効果を持っています。
この抗酸化作用は猫のからだにも良い効果をもたらし、老化の原因になっている活性酸素という酵素とトコフェロールが結びつくことによって、活性酸素の影響をなくすことができます。
そのため、老化予防としても効果が期待できるのです。
また、血液中に含まれているコレステロールの酸化防止やがん予防、免疫力の向上などにも効果もあります。
猫は青魚を食べ過ぎてしまうと、腹部や胸部にある皮下脂肪が酸化して炎症を起こす「黄色脂肪症」という病気にかかることがあります。
しかし、トコフェロールにはそれを防いでくれる効果もあるのです。
そのため、青魚が使用されているキャットフードにおいてはトコフェロールが含まれていた方が安心だといえます。
このように、トコフェロールは猫のからだには必要不可欠な栄養でもあるのです。

1-2.アスコルビン酸について
アスコルビン酸は別名ビタミンCとも呼ばれており、トコフェロールと同じく、ビタミンの一種に分類されます。
フードの酸化防止として含まれることがあるアスコルビン酸ですが、実は猫の体内で作り出すことができる成分でもあり、トコフェロールを再生して抗酸化効果を持続させる効果などを持っています。

1-3.クエン酸について
クエン酸にはフードの酸化を防ぐ効果があります。
健康な猫にとっては安全な添加物ではありますが、腎臓病などを患っていてミネラルバランスの調整が必要な猫の場合は、摂取を控えた方が良いこともあるため、その場合は獣医さんに相談しましょう。

1-4.ローズマリー抽出物について
ローズマリー抽出物とは、名前の通りローズマリーから抽出された添加物で、フードの酸化を防ぐ効果があります。
猫へ健康被害をもたらすハーブも多いのですが、ローズマリーは比較的安全なハーブなため、キャットフードにも使用されているのです。
ただ、あくまでも「比較的安全」という程度のものなので、猫によっては相性が合わない場合があります。
そのため、ローズマリー抽出物が入っているキャットフードを購入した際は、猫の様子を見ながら与え、合わない場合はローズマリー不使用のキャットフードを与えると良いでしょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細