キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの添加物(亜硝酸ナトリウム)

1.亜硝酸ナトリウムとは

亜硝酸ナトリウムとは人工添加物の一種で、肉の持っている赤色を綺麗に出す効果を持っています。
亜硝酸ナトリウムは肉の色素に反応し、肉に付着する黒ずみを防ぐことによって、フードの色を綺麗に見せることができるのです。
主に、ウェットフードの肉を新鮮な見た目のままに保つ目的で使用されます。

2.亜硝酸ナトリウムを摂取するリスク

亜硝酸ナトリウムはキャットフードだけでなく、ハムやソーセージ、コンビニ弁当などといった人間の食べ物にもよく使用されています。
しかし、人間の食べ物に使用されているからといって安全なわけではありません。
亜硝酸ナトリウム自体は特に害がないのですが、肉や魚などに含まれているアミンという物質が亜硝酸ナトリウムとくっつくとニトロソアミンという物質ができます。
このニトロソアミンには発がん性のリスクが指摘されています。
このことから、猫が亜硝酸ナトリウムを摂取することについて、疑問を抱いている声も多く上がっているのです。

3.猫にカラフルな色味は不要

人間は食べ物を選ぶ際、彩りを気にする方も多くいますが、猫にとって食べ物の彩りは関係なく、匂いによって美味しそうかどうかを判断します。
猫の目は人間のように見えているわけではなく、色についても見え方が異なります。
緑や青は識別することができますが、赤色については識別できていないともいわれています。
つまり、キャットフードの色を明るく見せるのは猫のためではなく、人間である飼い主の購買意欲そそるためのものなのです。
色がどうであろうが、美味しそうな食材などを使っているのであれば、猫は関係なく食べてくれます。

4.亜硝酸ナトリウムを摂取させたくない場合は

亜硝酸ナトリウムを摂取させたくない場合は、きれいなピンク色をしたキャットフードは避けることをおすすめします。
また、亜硝酸ナトリウムだけでなく、人工添加物は猫のからだにとって良い効果を期待できないものが数多く存在します。
なので、猫の健康を考えるのであれば無添加のキャットフードを与えると良いでしょう。
安物のキャットフードと比較をしたら値段は高くなる傾向にありますが、猫が病気などをして病院にかかると結局お金もかかりますし猫にとってもストレスがかかります。
毎日猫が口にするキャットフードが猫の健康を大きく左右するといっても過言ではないので、もし適当にキャットフードを選んでいる場合は一度見直してみることをおすすめします。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細