キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

胃腸の弱い子用キャットフード

1.胃腸が弱い猫の特徴と原因

軟便が多い、嘔吐が多い等の症状が見られるのに、動物病院で検査をしても病気が特に見つからない場合、胃腸が弱い体質の可能性があります。
胃腸が弱くなる原因は様々です。
生まれつきそのような体質の猫もいますし、ストレス、発情期などで弱くなる場合もあります。
特に、猫はストレスに対して弱く、部屋の模様替えや引っ越し、同居人やペットが増えた等の理由ですぐにストレスを抱える猫がいます。
また、発情期になると、ホルモンバランスの変動により、軟便が続くことがあるのです。
他にも、食べ物が猫に合っていないことが原因で胃腸が弱くなることがあります。
例えば、傷んだものを食べた時や、塩分や炭水化物が多い食べ物を食べた時、軟便や下痢になる猫がいます。
また、別のフードに切り替えた時も、胃腸が弱くなる場合があるのです。
そのような時は、塩分や炭水化物を控えた食べ物を与えることや、フードが傷みにくい場所での保管を徹底しましょう。
そして、新しいフードを食べて問題が出た時は、今までのフードも混ぜながら少しずつ慣らしていく試みも重要です。

2.胃腸が弱い猫にはどんなフードが良いの?

胃腸が弱い猫の場合、消化に良いフードを選んであげることが重要です。
例えば、質の良い動物性タンパク質が含まれたフードは消化が良く、猫のお腹にもやさしいのでおすすめできます。
また、胃腸の弱い猫向けに作られたフードも販売されているので、そのようなフードの利用は、消化をスムーズにする効果が期待できます。
逆に、穀物が多く使用されているフードは、消化性が悪い傾向にあります。
猫は肉食動物のため、トウモロコシや小麦、大豆、米などの穀物は元々食べる習慣がありませんでした。
そのため、肉を消化する力はあっても、穀物を消化する力はそこまでないのです。
しかし、フードの中には、かさ増しのために穀物を多く使っているものがあります。
フードの値段や、猫の食いつき具合のみを基準としてフード選びをしている場合は、一度フードの見直しをすることによって、状態が改善する可能性もあるので、検討してみる価値があります。
また、穀物を一切使用していないグレインフリーのフード等も出ています。
グレインフリーのフードは、穀物の代わりに肉などを原材料として使用しており、アレルギー反応が出にくいといったメリットも持っています。
見直しをする際は、そのようなフードへの切り替えも検討してみましょう。
もし、どのフードを与えたらよいか判断に迷うときや、良いフードが見つからない場合は、動物病院で診てもらった際に、フードについて相談することをおすすめします。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細