キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードに含まれている糖質の量

1.糖質とは

糖質とは、甘い糖類が含まれている成分です。
「糖」という言葉が入っていることから甘い味の食べ物に入っているイメージが強いですが、糖質は甘いお菓子など以外に、お米やイモ、パンなどにも含まれています。
糖類と似たような意味で炭水化物という言葉が使われることもありますが、炭水化物とは糖質のほかに食物繊維も含んでいるので、炭水化物=糖質ではありません。

2.猫にとって糖質は必要なの?

猫にとって糖質はそれほど重要なエネルギー源ではありません。
人間は炭水化物が大きなエネルギー源となっているので糖質を多く摂取する必要がありますが、猫は糖質よりも脂質やタンパク質の摂取が重要なのです。
猫のからだは、糖質の処理をあまり得意としていません。
猫のすい臓は小さく、血糖値を下げる働きなどがあるインスリンの分泌量が少ないのです。
そのため、糖質を多く摂取しすぎると血糖値がどんどん上昇してしまいます。
ただし、ビタミンやミネラルなどを炭水化物から摂取することができるため、猫にとって炭水化物は完全に不要というわけではありません。

3.キャットフードには糖質の表記がない

メーカーにもよりますが、キャットフードのうち糖質の量について記載がない商品は多々あります。
ペットフードを販売する際のルールなどについて制定しているペットフード公正取引協議会では、炭水化物(糖質)に関する記載をするようにと定めてはいません。
なので、記載をしていない商品が多く出ているといわれています。
記載がないからといって、糖質が含まれていないわけではなく、特にドライフードにおいては糖質も多く含まれている商品もあるのです。
フードによっては、かさ増しのために穀物(小麦、トウモロコシ、イモなど)を多く使用しているものもあり、そういったフードには当然炭水化物(糖質)も多く含まれています。
穀物が多いフードは糖質の過剰摂取だけではなく、消化不良も起こしやすいため、与えることをおすすめできません。

4.キャットフードに含まれる糖質の量を計算するには

糖質の正確な量を算出することは難しいですが、炭水化物の量だったら計算することができます。
キャットフードの場合、炭水化物以外の成分については表記があり、配合されている全ての成分を合計した時100%になるよう記載されています。
なので、100%からタンパク質、脂質、水分、灰分、粗繊維のそれぞれのパーセンテージを引き、そこで導き出された数字が炭水化物の量になります。
炭水化物のほとんどは糖質でできているので、炭水化物の量=おおよその糖質となるわけです。
もし、糖質について今まで気にせずに猫に与えていた場合は糖質の摂りすぎにならないよう、今与えているキャットフードの糖質について計算し再確認してみると良いでしょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細