キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの添加物(合成着色料)

1.合成着色料とは

合成着色料とは、人工的に作られた着色料のことです。
色味を鮮やかに見せる目的でキャットフードに用いられていることがあります。
着色料は合成着色料の他に、天然着色料というものも存在します。
天然着色料の場合、植物などの天然素材を使用しており安全性は高いですが、はっきりとした色味をつけることが難しいといったデメリットがあります。
しかし、合成着色料の場合、天然着色料よりもはっきりとした色味を出すことができるので、より良い見栄えのフードを作ることができるのです。

2.合成着色料の種類とリスクについて

合成着色料には、赤系、黄色系、青系の着色料が存在し、それぞれデメリットも存在します。
合成着色料を猫が摂取したからといってすぐに健康被害が出るわけではありません。
しかし、長年摂取していると以下のような健康被害にあう可能性はゼロとは言い切れません。

2-1.赤色着色料
赤色着色料の場合、「赤色〇号」といった記載がされています。
現在日本では、赤色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色104号、赤色105号、赤色106号の計7種類の赤色着色料が使用OKとなっています。
しかし、赤色40号や赤色104号、赤色106号などは発がん性のリスクが指摘されており、赤色2号は蕁麻疹のリスク、赤色3号は赤血球やヘモグロビンの減少などが指摘されています。

2-2.黄色系着色料
黄色系着色料の場合、「黄色〇号」といった記載がされています。
日本では黄色4号と黄色5号の使用が認められています。
しかし、黄色4号においては合成添加物である安息香酸ナトリウムと一緒に摂取した際に注意欠陥や多動性障害などのリスクがあるのではないかと怪しまれており、安全性が確認されていません。

2-3.青色着色料
青色着色料の場合、「青色〇号」といった記載がされています。
日本では青色1号と青色2号の使用が許可されており、どちらも比較的安全性の高い着色料ではありますが、青色2号においては一部の研究者の間で発がん性のリスクを指摘する声も上がっています。

3.猫にとって食べ物の色味は関係ない!

猫は食べ物の色味については一切気にしておらず、においによって美味しそうかどうかを判断します。
そもそも猫は、人間のようにカラフルな色を識別する目を持っていません。
それにも関わらず、キャットフードにカラフルな色がついているのは、猫のためではなく飼い主さんの購買意欲をかき立てるためです。
緑や赤などの色が鮮明についていた方が、野菜らしさやお肉っぽさを演出することができ、からだに良さそうなイメージを与えられるので着色料を使用するのです。
本来であれば、キャットフードは加工することによって元々の食材の色味はなくなってしまい、茶色のフードに仕上がります。
見栄えとしてはいまいちですが、猫にとっては味や食材、においが良ければ問題なく食べてくれるのです。

4.着色料不使用のキャットフードがおすすめ

着色料を使用したキャットフードのメリットは「見栄えが良い」というだけで、それ以外の利点は特にありません。
猫のからだを思うのであれば、色鮮やかなキャットフードを選ぶのではなく、着色されていないキャットフードを与えることをおすすめします。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細