キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードは無着色無添加を選ぶ

猫と暮らしている方に取ってキャットフード選びは大変な事だと考えられます。

特にドライフードの場合、飽きやすい事が多いのです。

その為に猫のドライフードは犬のドライフードに比べて量が少ない設定になっています。

猫用ウェットフードの場合は味と香りが良い事もあり、食べ飽きる事が少ないと考えられます。

今回キャットフードドライに関して記載致します。

猫は少しお腹の調子を悪くすると下痢になりやすいと考えられます。

その中でも色が濃く、着色料を多く使用しているフードに関しては要注意だと考えます。

成分表の中には着色料に関しても記載されていますが、詳しい内容で無い事が多いからです。

自分自身の目で確かめる事が以外に確実だと考える事が出来ます。

着色料に対して敏感に反応する猫が多いからです。

症状として下痢、長く与える事によって、腎機能低下等を考える事が出来ます。

何回か下痢を繰り返した猫が存在していますが、食事を変える事によって、症状が良くなるケースが多いです。

無着色で無添加が理想的です。

色目としてはブラウンカラー単一で、色が薄いフードと濃いフードが存在します。

赤や緑等の色が付いてい無いフードです。

時々野菜類が多く入っていると、勘違いをされている方が存在しますが、無着色無添加フードの場合、一色が多いと考えて頂きたいです。

購入前にパッケージ裏側に記載されている成分表を良く読んで理解する必要性があります。

フードのイメージがパッケージに記載されている事が多いので、粒の大きさ等も確認する事が必要です。

健康を維持する為に必要なフードを選びます。

始めは少量の購入をお勧めします。

食べる場合と食べない場合があるからです。

内容に関しては、魚系と肉系に大きく分かれていると考えます。

猫は魚と決めつけている方が存在しますが、肉食動物である猫は当然、肉も食べるという事を理解して頂きたいと考えます。

少しずつ食べさせる事によって、愛猫の好みも理解する事が出来る様になります。

着色量無し無添加キャットフードを与えて、数日、様子を見る事も忘れないで欲しいです。

お腹の調子が良い事が、一番の目安ノなるので、糞の状態を観察する事が大切です。

形の良い健康な糞と確認出来れば、好んで食べるキャットフードに関して、メモやノート等に書いておく事をお勧めします。

種類を変えてサイクルを決めてフードを与える事が出来るからです。

着色料や添加物が多く混入されているフードは価格的に安く設定されている場合が多いのですが、健康の事を考えた場合、メリットとデメリットのバランスに関して、良く考えて頂きたいです。

与える量に関しては成分表の中に体重と適正な量の表示があるので、良く読んで下さい。

着色料が多く混入しているフードで下痢を体験しています。

お皿に残している場合の殆どが色が濃くついているキャットフードでした。

猫も人と同様に個体差があると考えられますが、着色料や添加物の混入されていないフードは安全で理想的だと言えます。

最近は手作りで市販のキャットフードに混ぜたり、トッピングして食べさせている方も存在する事を知りました。

大切な愛猫の為に理想的な食事を与える事を、目指して頂きたいです。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他