キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードによって糞の臭いが変わる

1.猫の便が臭くなる理由と改善方法

猫によっては、便のにおいがきつい場合があります。
猫は肉食動物なのでタンパク質をたくさん摂取する必要があります。
肉を多く食べるとそれだけ便のにおいもきつくなる傾向にあるので、ある程度のにおいは仕方がありません。
しかし、以下のような点を注意するだけでも、においを改善することはできるので、もし猫の便臭に悩まされている場合は、ぜひ参考にしてみてください。

1-1.穀物を多く食べている
肉を多く食べると便が臭くなると先述しましたが、肉の代わりに穀物を摂取しても便は臭います。
猫のからだは肉や魚の消化には長けていますが、本来であれば食べる必要のない穀物の消化は苦手としています。
安いキャットフードはコスト削減のために、かさ増しのために穀物をたくさん使用していることが多いのですが、そのようなキャットフードを食べ続けていると消化不良を起こしやすくなります。
そして体内に便が溜まり、結果的に便臭の原因となる悪玉菌が増えた状態で排便されます。
もし、穀物の多いキャットフードを与えていて便臭が気になる場合は、できるだけ穀物が使用されていないフードを与えましょう。
「穀物不使用」や「グレインフリー」などと記載されているキャットフードを与えれば、穀物による便臭は改善できるので、もし可能であれば、穀物が使われていないフードを与えると良いでしょう。

1-2.質の悪いフードを食べている
価格が安いキャットフードは穀物が多く使用されていることが多いと説明しましたが、中には安い価格のままで肉や魚をメインの原材料として使用しているものもあります。
しかし、このような商品の場合、質の低い肉や魚を使用している可能性があるのです。
質の低い肉や魚を使用した場合、質の良いものに比べて鮮度が低く、見た目も悪いため、それを補うために合成保存料や香料などの添加物を使用する傾向にあります。
しかし、人工的に作られた添加物によって、消化不良を起こし、便臭がきつくなることがあるのです。
合成添加物の中には安全性がきちんと確認されていないものもあるため、猫の健康を考えるのであれば、良質な肉や魚を使っており、合成添加物を使用していないものを与えましょう。

1-3.消臭効果があるキャットフードを与える、消臭グッズを使う
キャットフードの中には、便臭を抑える効果を持つフードも存在します。
そのような商品の中には、消臭効果のあるカテキンや消化性の良いタンパク質、便を排出しやすくする適量の食物繊維などが含まれています。
もし、便臭対策のためにキャットフードを変える場合は、消臭効果を持つキャットフードを与えるのもおすすめです。
また、においに敏感で、わずかな猫の便臭でも気になってしまう飼い主さんの場合は、消臭効果の高い猫砂や、蓋付きでにおいが広がりにくい猫トイレを利用すると良いでしょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細