キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

猫の口が臭いのはキャットフードの選び方のせい?

1.キャットフードの変更は口臭対策に繋がるの?

猫の口を嗅いだ際に、においがきついと感じる場合は体調不良を抱えている可能性があります。
猫は、歯周病や肝臓や腎臓の疾患を抱えていると、口臭がきつくなることがあるのです。
キャットフードを変更するだけでは根本的な解決はできないことが多いですが、状況によってはキャットフードの変更が改善に繋がることもあります。
どのようなキャットフードに変更するのが良いのか、体調別に紹介していきます。

2.歯周病による口臭

猫は人間と同じように、食事をした際に食べ物のカスが歯に付着し、歯垢ができます。
猫の口内は虫歯菌が繁殖しにくいアルカリ性の環境を保っている為、虫歯になることはありません。
しかし、歯垢を放置していると歯周病にかかってしまうことはあります。
歯茎の腫れや、物を噛んだ時の出血、そして口臭がきついなどの症状が見られる場合は歯周病にかかっている可能性があるため、動物病院に連れて行きましょう。
もし、歯周病にかかっている場合は、具体的なフードの変更について、獣医さんと相談して決める必要があります。
歯周病にかかっていない猫の場合は、可能であれば予防策としてドライフードに切り替えるのがおすすめです。
日頃、ウェットフードを日頃食べている猫の場合、ドライフードを食べている猫に比べて歯垢が溜まりやすい傾向にあるのです。
猫の好みや体調の関係でウェットフードを与える必要がある場合は、猫用歯ブラシを使ってこまめに歯垢を取り除くようにしましょう。
ドライフードを与えている場合でも、歯垢は少なからず溜まっていくので、歯磨きして予防することをおすすめします。
もし、歯磨きを嫌がる猫の場合は、歯磨き効果のあるおもちゃやおやつなどを利用しても良いでしょう。

3.内臓の疾患による口臭

猫の口臭がにおう原因のおよそ8割は歯周病によるものです。
しかし、中には胃腸や腎臓などに疾患があり、排せつされるべきものが排せつできず体内に溜まることによって、口臭がにおう場合があります。
排せつ時の異変や嘔吐など、口臭以外にも体調の変化が見られる場合は、まず動物病院に連れて行き、原因を突き止めることをおすすめします。
また、症状によって適切な食事も変わってくるので、診察時にどのようなフードにすべきか指示を仰ぎましょう。
また、個体差はありますが猫は腎臓関連の病気になりやすく、高齢になるほどそのリスクは高くなります。
腎臓病に確実に効く予防法は、残念ながらありません。
しかし、日頃からできるだけ良質なキャットフードを与え、水分補給をしっかりと行うことが腎臓病対策に繋がることもあるため、若いうちにキャットフードを見直すと良いでしょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細