キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

安心して食べる事ができるキャットフードを選んだ時に考えた事

以前、猫の立場に立って安心して食べる事ができるキャットフードを選んで購入した事がありました。

猫の立場を考えた時に思いつく事として、添加物が含まれている製品はあまり食べさせたくないと思い、無添加の製品を選んで購入していた事がありました。

無添加で作ったキャットフードは色々なタイプのフードが販売されていて、幾分高価な製品も販売されていましたが、安心できる材料で作られているペットフードが多かったです。

ほとんどの製品はもちろん猫の健康を考えて作られているキャットフードばゥりが販売されていますが、それでも例えば生ものであったり、他にもあまり日持ちがしないような製品は保存料などの添加物が若干含まれている事もあるようで、こういった製品はあまり購入しないように心がけながら添加物不使用の製品を積極的に購入し続けるようにしていました。

添加物不使用の製品としては缶詰やウェットフードなどの生ものが販売されていましたが、上記のような添加物不使用の生ものは、保存料も含まれていないためあまり日持ちしない製品も多く、その点については十分注意をしながら活用をしていました。

具体的には気温が低い時期には冷暗所において保管をするとか、他にも夏場などには冷蔵庫に入れて低温で保管を続けるように心がけていました。

一般的なドライフードでは、チキンや野菜、魚を中心とした食生活にして、あまり肉を多く取らないようにするなど、健康に心がけて食事をさせていました。

健康に気をつけて食事をさせる事で、猫にとっても幸せで安心な生活を送る事ができていたように感じます。

実際に病気をしたりする事もあまりなく、病気にかかったとしても、病院で看てもらうとすぐに回復していました。

安心な生活を送るためには食事のバランスも大切で、ドライフードを中心とした食事を与えながら、たまにおやつや缶詰などを与えるようにする事でバランスの取れた食事を続ける事ができていたと感じています。

長い間ペットを飼っていると体調不良などの際には異変に気がつきますが、普段からしっかりとそのペットの日常生活の行動や、性格を知っているとなお気がつきやすくなります。

異変として注意して見ておきたいのは吐き下しをしている時で、この時は消化不良や胃腸虚弱などになっている事が考えられます。

吐き下しをして、散歩の際にイネ化の雑草の葉を食べている様子を見かけたら胃腸虚弱になって消化不良を起こしている事がありました。

イネ化の雑草の葉を食べる事で胃がすっきりとするというのは、動物の中にはあらかじめわかっている動物もあるようで、このような時には人間としては食事に気をつけてあげる事が大切です。

夏場など、暑い時期に起こりやすく、常温にさましたおかゆのように消化が良い食事をしばらくの間与えて様子をみておく事が大切です。

人間が気遣っているとペットも安心して生活を続ける事ができ、性格もおだやかになるようで、日ごろからペットの性格やしぐさ、行動などを見ていて、ペットが何をしたいのかを考えてあげる事が、安心な生活に結びつける事ができていたように思えます。

もちろん、安全な材料で作られた食生活を送る事はとても大切な事ですが、それ以外にもそのペットの健康を考えた食事バランスや、食事を出してあげる事でペットの幸せにもなり、長生きにも繋げる事ができていたと感じています。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他