キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの食べ過ぎでの下痢に注意

可愛いネコちゃんのキャットフードは、与えるタイミングや与え方次第でいくらでもネコちゃんと仲良くなれるアイテムです。

市販のキャットフードにはカリカリとして硬いものもあり、生に近いお魚の缶詰やおやつタイプのものまで多くの種類がありますが、私は普段はカリカリのえさを与えて、ネコちゃんの誕生日や私自身の記念日などには少し高いネコ缶を与えることが多いです。

おやつタイプのえさはあまりきにいらないようでほとんど食べないのですが、代わりにネコ缶のまぐろの高級なものをあげる等して少しばかりの贅沢をさせてあげています。

ネコ缶の味を覚えると、ネコちゃんはどんどんネコ缶を求めるようになって大変だと聞いていたのですが、私のネコちゃんはそれほどネコ缶にはまることなく、カリカリのえさもちゃんと食べてくれるのでお利口さんでかわいいです。

しかし、そのためなのか時々食べるネコ缶で下痢になってしまう事があります。

体調を崩すほどの下痢ではないですし、1日もたてばすぐに治るので心配はしてませんが、やはり下痢の後はネコちゃん自身のお尻のケアが多くなるのでできるだけ下痢をしないように気をつけてあげたいと思っています。

下痢を多く繰り返す場合は寄生虫や病気の場合もあるそうですが、えさの種類によってもお腹が緩くなってしまうそうで、わたしのネコちゃんもえさの変化には少し弱いようです。

マグロ缶やサンマ缶では特にお腹に問題は無いのですが、缶づめの中身が少し柔らかいものは消化はできても吸収しきらずに排せつしてしまうようです。

あまり自然界には無い食べ物は与えすぎないようにしたいところです。

キャットフードで下痢をしてしまう時はネコちゃんが風邪をひいている時か、えさの種類が身体に合わない時です。

私のネコちゃんはえさが緩い時にとくにお腹が緩くなって下痢になってしまうので日頃から気をつけるようにしています。

お腹を下しやすいえさはできるだけ与えたくはないのですが、そんなえさに限ってネコちゃんの大好物であることがまた悩みの種です。

そんな時は出来るだけえさの水分を絞ってから与えるようにしています。

またカリカリのえさと少しずつ混ぜて与えてあげればあまりお腹を下すことは無いので飼い主が与え方に気をつけるべきでしょう。

はじめは色々とお腹に優しい食べさせ方を研究して色々試してあげることも重要でしょう。

夏場暑い時でもえさと一緒に水を多く飲むとどうしてもお腹が緩くなるようです。

私のネコちゃんの場合は水を飲み過ぎた時にもお腹の調子が悪くなるので日頃からの注意が重要になります。

さらにネコちゃんに飲ませる水が少し古くなっている時にもそれを飲むとお腹が緩くなります。

人間も同じくできるだけお水を頻繁に交換した方がよいです。

ネコは身体が小さい分、ちょっとお腹が緩くなるだけでも体の水分が減って体調を崩してしまいます。

身体が小さい分水分摂取や水分を体内に保持するのはとても重要です。

飼い主の気遣いが全てになります。

ネコ缶タイプのキャットフードはあげる量を気をつけてそのネコちゃんに合わないえさはあまり与えないようにしましょう。

またカリカリのえさで会ってもネコちゃんの身体に合わないものも多くあるのであまり安すぎるえさや品質の良くないものは与えないようにしてあげましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他