キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

猫がキャットフードを食べない時には

1.猫がキャットフードを食べない原因と対策

猫がキャットフードを食べなくなる理由はいくつかあります。
キャットフードを食べない理由が分かれば、それに適した対策をとることができるので、まずは原因を探りましょう。
猫がキャットフードを食べない原因とその解決方法を以下にまとめたので紹介します。

1-1.キャットフードが好みに合わない
猫は動物の中でもグルメな生き物だといわれています。
そのため、猫によっては食へのこだわりが非常に強く、決まったフードや決まった味付けしか受け付けない場合があるのです。
しかし、何度も食べ続けているうちにフードの味に飽きてしまう場合もあります。
このような原因でキャットフードを食べない場合、猫の口に合うフードに変えると何事もなかったかのように食べるため、日頃から猫の好みを把握しておいたり、数種類のキャットフードを用意しておいてローテーションで食べさせたりなどの工夫が必要になります。

1-2.食器が合っていない
食器の高さが合っていない、食器にひげが当たる、食器が深すぎる、食器の素材が気に入らないなど、食器に問題があるために食欲がなくなってしまい食べなくなることがあります。
食べづらそうにしている場合は、別の食器を用意してあげましょう。
また、猫によってはステンレス製の食器を嫌うこともあります。
ステンレスの反射が気になって食事がしづらい猫の場合は、プラスチックなどの素材でできた食器に変更してみましょう。
また、人間用の食器よりも猫用食器の方が、猫の食べる時の姿勢を考慮して作られているため、人間用の食器で与えている場合は猫用食器で与えてみると食べてくれる可能性があります。

1-3.ストレスを抱えている
ストレスを抱えることにより食欲がなくなることがあります。
特に引っ越しや模様替えなど、いつもと生活環境が変わると猫にとっては大きなストレスとなり、元気がなくなってしまう可能性があるので、環境の変化には注意が必要です。
また、新しい同居人やペットが増えた場合にストレスを感じることもあります。
猫にかまう時間が少なくなり、同居人や別のペットの方ばかりに時間を使っていると、寂しさからストレスを感じてしまうのです。
そのため、新しい同居人やペットが増えた時はいつも以上に先住猫のことを気にかけ、かまってあげるように気をつけましょう。

1-4.病気になっている
もし、食欲低下以外にも異変が見られる場合は、病気になっている可能性を疑いましょう。
症状のひとつとして食欲低下が現れる病気は数多く、口腔系の病気や内臓系の病気、消化器官の病気など、さまざまな可能性が考えられます。
様子がおかしいと感じたら、できるだけすみやかに動物病院に連れて行くことをおすすめします。

1-5.歳をとった
基本的に猫は老猫になると食欲が徐々に低下し、噛む力もだんだんと衰えていくため、硬いフードをかみ砕くことが難しくなっていきます。
そのため、歳をとった猫にはドライフードをふかやしたものやウェットフードを与えましょう。
また、老猫用のキャットフードは、少量の食事で栄養を十分に摂取できるように作られているため、猫の加齢に合わせてそのようなキャットフードへ切り替えることも重要です。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細