キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

幼猫には専用の幼猫キャットフードを与えましょう

ペットとしても人気があり、街中で出会ってもその可愛らしさに癒されるネコの子どもはもっとかわいらしくて多くの人々を魅了してやまない存在です。

幼いネコを幼猫という言い方をしますが、この幼猫にはなかなか出会えません。

自分のペットが出産するかペットショップで生後数か月のネコをもらってくるかしかないのですが、私の家の場合は、元々買っていたネコが妊娠してその幼猫と出会う機会をもらいました。

その可愛らしさと命の素晴らしさを伝えてくれたネコには今でも癒されていますが、その猫たちを養うのはとても大変ですが充実していて良い経験です。

幼いネコには大人のネコと同じえさを与えてはいけないので注意が必要で、押さないネコ専用のえさでないとまだ消化できなかったり、栄養を十分に吸収できないので飼い主が気を使ってあげなければいけません。

基本的には幼いネコは母親ネコがお世話しトいるのですが、しばらくするとお乳ではなくえさをあげなければいけなくなります。

若いネコですと、なかなか子猫にえさをとってくることをしないのですが、家ネコでは仕方ないとの獣医さんの意見で私は幼猫用のキャットフードを導入する決意をしました。

これを導入すると親猫が子育てをやめて普通のネコに戻ることがあるそうで、飼い主のお世話の負担がものすごく増えるというお話でしたが、家ネコを飼っている私としては家の中で世話ができるのであれば良いと思い思いきって子猫の世話もするようにしました。

これの可愛らしいことと言ったらなんとも言えません。

写真を一日中撮っていても飽きないほど可愛かったです。

思いきってえさをあげ始めた私ですが、幸運なことに私のネコはしっかりと子育てに取り組んでくれてえさの時は子猫に任せているようですが、その他の時はしっかりと子猫の面倒を見てくれていました。

幼猫用のキャットフードはそのえさをあげるタイミングをよく考えなければいけないので少し注意が必要です。

あまり多くえさをあげすぎると幼いネコでもものすごいデブ猫ちゃんになってそれはそれで可愛いのですが、健康に悪影響があるので気をつけなければいけません。

また幼いネコは食べる量を自分で下限できないので飼い主がしっかりと気をつけてあげる必要があります。

始めはネコのお世話をしてくれるお母さんネコのペースに合わせてえさを与えながら、餌のタイミングを自分の食事のタイミングに合わせるようにしていくとえさを与えるタイミングが決められて便利です。

えさには栄養もたっぷりありますので量など気をつけて与えることも重要ですが、最も大切なのは幼猫の体調を見ながらえさを与えてあげるという事です。

これを気をつけていないとそれぞれのネコの個性に合わせたえさやりができないのでしっかりと自分のネコの様子に向き合ってあげることが大切です。

キャットフードの裏面に書いてあるのはあくまで参考の与え方でしかないのでそれにしたがって与えていてもよくありません。

それぞれの個性に合ったえさの挙げ方が少々重要になってきます。

しつけも兼ねてしっかりとえさやりのタイミングを考えてあげることが幼いネコにとってはとても重要なしつけになりますので、飼い主がしっかりと管理してあげることは大切です。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他