キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

1回にあげるキャットフードの量について

1.猫によって食事量は違う

猫はライフステージやからだの様子によって、食事量は異なっていきます。
おおまかな目安はキャットフードのパッケージや公式ウェブサイトにも記載されていますが、細かい給餌量を把握しておくためにも、体重が変わったら給餌量を計算し、把握しておくことをおすすめします。
以下、具体的にどのくらいの食事量を与えれば良いか、猫のライフステージや状況別で紹介します。

1-1.子猫の場合
まず1日に必要な給餌量を計算する必要があります。
子猫の場合は「子猫の体重×100〜200kcal」が1日に必要なカロリー数です。
つまり、子猫の体重が2kgの場合、2×200kcalで1日400kcal摂取する必要があるのです。
そして、キャットフードのパッケージに記載されているカロリー数を参照しながら、400kcal分のグラム数を計算することにより1日の給餌量が分かります。
ちなみに計算式が、100~200kcalとなっている理由は、成長段階によって必要なカロリー数が異なるためです。
2ヶ月目は200kcal、3か月目は150kcal、4ヶ月目は130kcal、5ヶ月目は120kcal、6か月目以降は100kcalで計算するようにしましょう。
子猫の場合は、1日に3~4回食事をとるため、「1日に必要なグラム数÷1日の食事回数」を計算すれば、1回分の食事量が判明します。

1-2.成猫の場合
成猫の場合、室内飼いで運動量が少ない猫は「猫の体重×70kcal」で計算し、活発に動く猫や外出する猫は「猫の体重×80kcal」で計算しましょう。
例えば、室内飼いで体重が4kgの場合、4×70kcalで1日に必要なカロリー数は280kcalとなります。
そして、子猫の時と同じように1日に必要な分のカロリー数が摂取できるグラム数を計算し、そこから「1日に必要なグラム数÷1日の食事回数」を導きだせば、1回分の給餌量が判明します。

1-3.老猫の場合
老猫の場合は「猫の体重×60カロリー」で1日の必要なカロリー数を計算しましょう。
つまり、体重が4kgの老猫の場合、4×60kcalで240kcalが1日の必要なカロリー数になります。
そこから上記で記載したように、必要なグラム数と1回分の給餌量を計算しましょう。

1-4.妊娠中の猫の場合
妊娠中の猫は、出産と子育てに向けてより多くの栄養を必要とします。
そのため「猫の体重×110kcal」で計算をしましょう。
また、妊娠中は子猫に与えていた時と同じようなカロリー数の高い食事を与えることをおすすめします。

1-5.病気中の猫の場合
病気で食事制限をしなくてはいけない時や、食欲低下している時、療法食を食べさせる必要がある時は、1日分に必要なカロリー数や1回分の給餌量、食事回数などは病状によって異なります。
そのため、獣医さんに相談して給餌量を決めましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細