キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードを変えて咳が出やすくなったら

1.猫の咳が出ている原因

キャットフードを変えて猫の咳が出るようになったときは、何らかの栄養が不足していたり、フードが猫の体質に合っていなかったりすることが原因として考えられます。
以下、具体的にどのような原因があるか紹介していきます。

1-1.毛球症
食物繊維が足りていない場合、毛球症になってしまい、その症状として咳が出ている可能性があります。
猫は毛づくろいの際に舐めとった毛が体内に入ります。
猫の習性として、毛が胃腸にたまってしまわないように毛を吐き出す行為をするのですが、うまく吐き出せずに体内に溜まり続けてしまことを毛球症と呼びます。
口から吐き出すのではなく、便と一緒に排出されていれば問題ないのですが、体外に全く出されないままだと胃腸に負担を与え、消化活動に悪影響を及ぼします。
もし、何かを吐き出すようなしぐさで咳をしており、食欲不振などの症状が見られる場合は、毛球症の可能性を疑ってみましょう。
また、動物病院で診てもらい毛球症と診断された場合は、獣医さんと相談した上で、食物繊維が摂取できるフードや毛球症対策用のフード、毛球除去剤などを与えて、毛玉の排出を促しましょう。

1-2.アレルギー
キャットフードを変えた途端に咳が出始めた場合、フードが猫に合わず、アレルギー反応として咳が出ている可能性が考えられます。
アレルギーの場合は、まずアレルギーの原因となっている物質を突き止める必要があります。
動物病院に行けば、血液検査である程度原因の特定ができます。
また、猫の場合肉や魚のタンパク質が原因でアレルギーになることが多いため、主原料が異なるキャットフードを与えることによって改善できる可能性があるのです。
鴨肉やラムなど少々珍しい種類の肉を使ったフードや、穀物不使用のフードの場合、比較的アレルギーが出にくいといわれているため、そのようなフードに切り替えることがアレルギー改善に繋がります。

1-3.心筋症
猫の心筋症にはいくつか種類があるのですが、拡張性の心筋症の症状のひとつとして咳をすることがあります。
心筋症とは、心臓の筋肉の厚さに変化が起こることにより、心臓の働きに悪影響を及ぼす病気です。
タウリンと呼ばれる成分が足りていないと心筋症になることがあるため、タウリンをしっかりと摂取する必要があります。
総合栄養食の場合は、猫に必要な栄養が全てしっかりと含まれているため、タ通常であれば十分な量のタウリンを摂取できるのですが、もし総合栄養食を必要量与えていない場合などはタウリンが不足してしまいます。
もし、タウリン不足で心筋症になっている場合は、フードの量が合っているかどうか、総合栄養食を与えているかなどの点を見直しましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細