キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードを冷凍 保存するときの注意点

猫を飼っている皆さんは、キャットフードの保存の仕方はどうされていますか。

ドライフードをきちんと保存する事は、非常に大事です。

猫は風味で食べますから、出来るだけ新鮮なものをあげたいですし、それだけでなく、保存方法がちゃんとなっていないと栄養の欠乏が見られ、病気や、最悪の場合死に至ります。

又、猫の元々の性質を考えると、野生動物は大抵捕食直後の生暖かい肉を食べますから、保管場所が冷蔵庫の場合(鮮度が保てます)少し温めてあげると良いようです。

食は健康だけでなく、一つの楽しみですからなるべく美味しいものを与えたいです。

ここではキャットフードをついつい買いすぎてしまったときの保存をするときの注意点を述べていきます。

まず保存する場合は、酸化を防ぐために、空気に触れないようにすることが大切です。

湿度の高い冷蔵庫ではなく、口の閉まる袋に小分けして、十分に空気を出してから冷凍庫で保存するようにしてください。

その際、一回もしくは1日分など食べきる量にまとめて、保存してください。

我家はコストを考えてキャットフードを大袋で購入しているのですが、開封したらすぐに小分けして保存させています。

布団圧縮袋みたいに、出来るだけポンプなどで空気を抜いて保存することがコツです。

冷凍しても酸化は進みますので、脱酸素剤を入れて保存してもいいかもしれません。

ジップロックなどに小分けにし、脱酸素剤を入れて冷凍すれば、開封頻度はかなり減りますので、ニオイが飛ぶのを防止になります。

こんな感じで冷凍すれば夏場でも3、4ヶ月は大丈夫です。

冷凍したキャットフードを解凍するときの注意点があります。

人間の食べ物に関しても言えることですが、レンジで解凍すると美味しくなくなりなります。

我が家のネコも、レンジで解凍したものはなかなか口をつけてくれません。

また冷凍したものを、常温に出して解凍しても美味しくないです。

この時の解凍の際、冷凍庫と室内の温度差でフードが結露したとして、数日間常温で置いておくと、カビが生える可能性があります。

ですから、おすすめできません。

一番良いのは、与える前日から冷蔵庫の冷蔵の方に移し変える方法です。

この解凍方法ならば、約24時間たてば、品質を損なわず解凍できています。

そこから、室内に出してしばらく置いて常温になったら与えるといいです。

この方法なら、ネコもおいしく食べてくれます。

またその他のキャットフードの保存方法のおすすめに、アルミパックに入れ替える方法もあります。

必要以上に空気に触れるのを避ける為、一気に小分けして、脱酸素剤とともに、アルミパックに入れ常温保存する方法です。

上部チャックタイプの袋を使って密封するので手軽です。

アルミである理由は、防湿性・空気遮断・遮光性に優れているからです。

また他には、安くはないけれども、脱気密封器、真空パック器を購入して、パックする方法もあります。

我が家では、人間用の食品保存に脱気密封器を使っていますが、キャットフードにもとても便利です。

まさに見た目も真空パックのような空気が抜けた状態になり、酸化を抑えます。

口に入れるものなので、キャットフードの保存は細心の注意を払わなければいけません。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他