キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフード選びはこだわりを持ちましょう

現代社会は非常にストレスの多い社会となり、多くの人が精神的にも肉体的に疲れている人が増えました。

それとともに、ペットを飼う人が増えている傾向があります。

なぜかというと、ペットには人間を癒してくれる効果があるからです。

私は猫が大好きで、最近多くなった猫カフェのよく行っていました。

そこで、猫と戯れることで仕事の疲れを癒していたのです。

あのしなやかな体つき、丸い背中、気ままな性格、猫によって異なる肉球の感触、本当に愛くるしくて可愛い存在です。

今までは、借家に住んでいて飼うことが難しかったのですが、新築一戸建て住宅を買うことになって以前からの夢であった猫を飼うことを実現することにしました。

ペットショップに行って、以前から飼いたかった猫の種類を見つけていっぺんに2匹の子猫を飼いました。

本当に可愛くて愛くるしい我が家の子猫たち。

しかし、家に来てからは障子を破るわ、家中を爪とぎとして柱に傷つけるわ、私に噛み付こうとするはでもう大変。

新築の家はどんどん猫の思うがままにされてしまいました。

ただ、この気まぐれなところが猫のいいところでもあり、愛くるしいところです。

ただ、ひとつ悩みがあってキャットフードをどうするかということでした。

気まぐれな性格もあって、昨日はいつものキャットフードを食べていたのに今日は食べないということがあるのです。

大切な家族の一員ですから、健康で長生きしてほしいと思いがありどんなキャットフードが良いかを真剣に考えました。

2匹ともにですが、繊細な性格をしていて食の好みがはっきりとしています。

そこで、2匹の健康を考えた上で好みの味を調べて行きました。

私がこだわったポイントは、まずどのブランドのキャットフードが栄養のバランスが取れているかということでした。

長生きしてもらうためには、栄養のバランスが取れていながら肥満にならないカロリーの少ないものにしました。

さらに、最近では猫の種類別にキャットフードが出ていて、栄養のバランスが考えられているので自分の家のそれぞれの猫にあったものをあげるようにしました。

さらに、いくら栄養価が優れていても猫の好みでなければ食が細りあまり食べないという問題があったのですが、栄養価が優れているものの中から好みのものを探して食べさせるようにしました。

それでも、人間と同じように毎日同じ食事だと飽きてきてしまうのでいくつかのものを組み合わせて上げるようにしています。

我が家では、ドライタイプのフードと缶詰のフードを組み合わせて与えています。

こうすることでドライタイプのよいところと缶詰のよいところ、あるいはドライタイプの欠点や缶詰の欠点を補いあえるからです。

また栄養価を気にするあまり、あまりにも高額なフードを最初の頃は与えていましたが栄養価がありすぎてカロリーや脂質が多いので太り気味になってきたので、そういったものもブレンドで使用することによって体重をコントロールしました。

それによって肥満も解消して理想の体型を維持しています。

このように猫の健康のためにキャットフードについて真剣に考えることで、大きな病気をすることなく健康を維持して今でも2匹とも元気に暮らしています。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他