キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードを変えてアレルギーが出た場合

1.アレルギーの症状

人間に食物アレルギーがあるように、猫も食べ物によるアレルギーが出ることがあります。
キャットフードに含まれている何らかの原材料がからだに合っていないことから、下痢や嘔吐、かゆみ、喘息、発熱などの症状が現れてしまうのです。
また、皮膚に関するトラブルは進行してしまうと、膿皮症や外耳炎などになってしまいます。
かゆみに耐えられず、皮膚を掻きむしってしまうとこのような皮膚の炎症に繋がってしまうのです。

2.キャットフードに含まれているアレルギーの原因になるもの

もし、猫が食物アレルギーになってしまった場合は、アレルギーの原材料を特定する必要があります。
そして、その原因となっている物質が含まれていないキャットフードを与えれば、アレルギー症状を回避することができるのです。
以下のような物質は、食物アレルギーの原因となりやすいので、原因を特定する際の参考にしてみてください。

2-1.動物性タンパク質
猫の食物アレルギーの中で、最も原因になりやすいのは、動物性タンパク質です。
動物性タンパク質は主に、肉や魚などに含まれています。
どの肉や魚のタンパク質に反応しているかについては、猫によって異なります。
もし、アレルギー反応を避けたい場合は今まで与えていたキャットフードの主原料とは違う食材を使ったキャットフードを与えましょう。
例えば、牛肉入りのキャットフードを食べてアレルギー反応が出た場合は、鶏肉や魚を使ったキャットフードに変更する等などの対策を行います。

2-2.穀物
キャットフードに含まれるトウモロコシや小麦、大豆などの穀物類が猫の食物アレルギーを引き起こす場合があります。
猫は本来であれば、肉や魚などを食べて生活するため、胃腸も肉や魚の消化を得意としています。
しかし、穀物類を食べる習慣はもともと持っていないため、穀物類の消化は少々苦手なのです。
食べ慣れていない穀物類を多く摂取してしまうことにより、消化不良を起こし、アレルギーとなることがあります。
もし、穀物類が含まれるキャットフードが原因となっている場合は、穀物が一切使用されていないキャットフードを与えましょう。
穀物不使用を意味する「グレインフリー」といった記載がされている商品を探しましょう。

2-3.合成添加物
フードの持ちや見栄え、においを良くするために合成添加物を使用しているキャットフードも存在します。
しかし、その合成添加物によって食物アレルギーを起こす猫もいるのです。
合成添加物はアレルギーを引き起こす可能性があるだけでなく、種類によってはがんを引き起こす可能性のある物質が含まれているものや、安全性が確認されていないものもあるため、アレルギー反応が出なかったとしても、できるだけ与えないことをおすすめします。
「合成添加物不使用」を謳っているキャットフードも販売されているので、そのようなキャットフードを与えることによって解決することができます。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細