キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードを選ぶときに最低限気をつけておきたいこと

1.キャットフードを選ぶ時はこのポイントに注意

世の中にはたくさんのキャットフードが出回っています。
フードの質や値段、味、は様々ありますが、キャットフードを選ぶ際に最低限おさえておきたいポイントがいくつかあります。
今回はそのポイントについて、以下紹介していきます。

1-1.目的に合ったフードを選ぶ
キャットフードを選ぶ時は、まずどのような用途で猫に与えるのかをはっきりさせましょう。
例えば、メインとなる食事を選びたい場合は「総合栄養食」と記載されたものを選び、おやつを選びたい場合は「おやつ」「副食」などと記載されたフードを選びます。
また、猫の状態や好みに合わせて、ドライフードとウェットフードのどちらを与えるか決めましょう。
ドライフードの場合、値段が比較的安い、長期間保存できる、種類が豊富といったメリットがある一方、水を与える必要がある、嗜好性が比較的低いといったデメリットがあります。
ウェットフードの場合、嗜好性が高い、開封前なら長期間保存できる、水分補給できるといったメリットがある一方、値段が比較的高い、歯垢が付きやすいといったデメリットがあります。
どちらも一長一短あるので、猫の健康状態や食いつき具合を考えて合ったフードを与えましょう。

1-2.猫のライフステージに合ったフードを選ぶ
キャットフードは、大きく分けて子猫期、成猫期、老猫期の3つのライフステージ別になっていることが多いです。
猫は成長段階によって、必要なカロリー数が違い、ライフステージ別になっているフードはそれぞれの猫に合ったカロリー数を考慮して作ってあります。
そのため、飼っている猫に該当するライフステージのフードを与えることは重要なポイントです。

1-3.原材料を確認する
どのような原材料が使われているのか確認することも大事です。
フードによって、使われている材料は様々で、肉や魚、穀物といったものがメインになっているものもありますし、中には添加物が含まれているフードもあります。
できれば肉や魚などを与えた方が、肉食である猫本来の食生活に合っているので好ましいです。
そして、添加物を含まないフードを選んだほうが猫のからだにとってやさしいといえます。
添加物の中には、酸化防止剤として使用されているBHAやBHT、エトキシキンなどといったものがあります。
これらは発がん性が指摘されているため、あまりたくさん与えることはおすすめできません。
また、小麦やとトウモロコシなどの穀物は、肉食動物の猫にとって消化がしづらい食べ物です。
あまり多く与えすぎると、猫によっては消化不良を起こす可能性もあるため、肉や魚のみを使った無添加のフードを与えるのが理想的です。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細