キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードはいい加減に選ばないようにしよう

1.キャットフードを選ぶ時の要注意ポイント

キャットフードは様々な種類が販売されており、品質は商品によってばらばらです。
安いから、見た目が良さそうだからなどといった安易な理由だけでフード選びをすると、猫の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
フードによって猫の体調を大きく変えてしまうこともあるため、フード選びをする際は、以下の判断基準を守って選べているかどうか確認しましょう。

1-1.値段だけを見て判断しない
安い価格でキャットフードが売られていると、つい手が伸びてしまいそうになるかもしれませんが、それだけを基準にフードを選ばないようにしましょう。
安いということはそれだけ低コストの原材料を使っている可能性があります。
キャットフードの場合、肉や魚よりも穀物の方が安いコストで手に入るため、フードのかさ増し用として穀物を入れている商品があります。
しかし、猫は穀物を食べる習慣がなく肉や魚を食べる生き物なので、本来の食事になるべく近いものを与えた方が猫のからだに合っているのです。
もちろん、中には猫のからだを考慮した安いフードもあるので、安いフードを購入しようか迷った場合は、必ず原材料をチェックした上で判断しましょう。

1-2.見た目の良さだけを見て判断しない
キャットフードの中には美味しそうな色や綺麗な見た目のフードが存在します。
しかし、そのようなフードは合成着色料を使用している可能性があるのです。
着色料入りのフードを食べても全く平気な猫もいますが、着色料が原因で体調不良を起こす猫もいます。
なぜなら、赤系や黄系の着色料には発がん性のリスク、青系の着色料にはアレルギー反応が出るリスクが指摘されているからです。
他にも、肉の赤色を綺麗に発色させるために使われる硝酸ナトリウムや亜硝酸ナトリウムも、発がん性のリスクが指摘されています。
なので、見た目の良さだけで判断することはおすすめできません。

1-3.口コミだけを頼りに判断しない
ネットや知人の口コミだけを信用して選ぶことはあまりおすすめできません。
ネットの口コミは信ぴょう性がない情報も混じっている可能性があります。
また、知人の口コミの場合、知人の飼っている猫には合っていたとしても、自分が飼っている猫に合っている保証はありません。
なので、口コミや評判の良いフードが気になる時は、まずフードの原材料を自分の目でチェックし、安心して与えられるかどうか確認しましょう。
可能であれば、少量だけ入ったパックを買ったり、サンプルを手に入れたりなどして、試しで猫に与えて様子を見ることをおすすめします。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細