キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

猫のキャットフードの選び方や種類について

キャットフードは現在までに様々な種類の商品が発売されてます。

ペットショップなどに行ってみると、いろいろな種類の物があり、どれを選んでいいのかと、考えていると時間が経つのも忘れて見入ってしまいます。

どんな物が愛猫の好みなのか、と考えて選んで買って帰って、愛猫に与えた時に喜んで食べているのをみると、こちらまで嬉しくなってしまいます。

まず、キャットフードを選ぶコツは愛猫の好みを知ることにあります。

値段が高い物なら、美味しく食べてくれるのかというと、そうでもないようです。

猫は人間と同じようにそれぞれ味の好みが異なっているように見受けられます。

せっかく、高いキャットフードを買ったのに、全然食べてくれないということは、私にもよくあります。

それは、やっぱりその猫の好みの味ではないということになります。

このような時に、別の物を与えるとよく食べるということがあります。

普段から数種類購入しておき、これなら喜んで食べてくれるという物の目星をつけておくことをお勧めしたします。

そうすれば、猫の味の好みを把握できて、味の好みではない食べてくれないキャットフードを買ってしまい、お金の無駄遣いになってしまう事も防げます。

味の好みを知って無駄を省くことは、用は人間でいうところの食費の節約することと同じです。

猫を飼っていると食費以外にもお金がかかることがありますから、少しでも節約した上で、美味しく食べられ、健康に良い物を選ぶようににしましょう。

そうすれば、飼い主さんにとっても、猫にとっても一石二鳥で大変お得になります。

では、具体的にキャットフードにはどういった種類があるのかを紹介させて頂きます。

まずは、ドライフードがあります。

ドライフードはお煎餅のように固くて、カリカリした食感があるのが特徴です。

ドライフードは保存が利いて、例えば、日中に学校や仕事で家を留守にして、猫に食事を与えることができないという場合にも、朝、出かける前にあらかじめ多めに与えておけば、猫がお腹が好いた時に食べる事ができる優れ物です。

また、栄養面でもメーカーによって様々な工夫がなされていて、どんな猫でも喜んで食べられるような物がペットショップで販売されています。

中には小分けパックで分けていて、一つの物で数種類の味が楽しめるようになっている物もあります。

次に缶詰があります。

これは一度開けてしまうとドライフードに比べると保存があまり利きませんが、味はとても良いようです。

猫の好物であるお魚のマグロやカツオをベースに色々な種類があります。

また。

マグロやカツオだけではなく、それに煮干しやシラスをトッピングした物もあり、缶詰の御飯をむしゃむしゃと食べている猫をみるとご馳走のような感じに見受けられました。

味だけではなく、ドライフードと同じように猫の健康に必要な栄養などもよく考えて作られており、メーカーや種類にもよりますが、大体、一つ100円から高い物で200円ぐらいで販売されていることが多いようです。

このように、猫の代表的な食品はドライフードと缶詰があり、それぞれの用途に合わせて、使い分けることが大切です。

この二つを上手に活用すれば猫の食生活もあまり心配する必要ないです。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他