キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

猫の健康状態を維持するキャットフードの種類と与え方

猫は、愛くるしい表情で私たちを癒してくるペットとして人気があります。

その為、多くの方が猫を飼っています。

または、これから猫を飼おうと検討している方もいることでしょう。

そこで、猫を飼う上で大切な事といえば、毎日の食事です。

バランスの取れた食事を与えることで、猫の健康状態を維持することができます。

私も、猫を一匹飼っているため、食事の大切さというものは実感しています。

そして、私も使用していますが、猫の食事といえばキャットフードです。

そのキャットフードには、色々な種類があります。

ドライタイプとセミドライタイプ、そしてウェットタイプの3種類のフードがあります。

それぞれの特徴を知った上で、猫に食事を与えることが大切なのです。

ドライタイプのフードの特徴は、猫に必要な栄養を手軽に取ることができ、開封後もある程度長く保存することができます。

そして、硬いキャットフードのため、歯石予防にもなります。

ですが、最も水分量が少ないため、常に新鮮な水を用意しておく必要があります。

次に、セミドライタイプのフードは、ドライタイプとウェットタイプの両方を兼ね備えたキャットフードになります。

栄養もバランスよく取ることができ、水分量もドライタイプよりも多いです。

ですが、長く保存することができなく、歯石も付きやすいのが特徴です。

そして次に、ウェットタイプのフードです。

生に近い食材を使用しているため、水分量が多く猫が一番好むフードです。

ですが、生に近いため保存を長くすることはできません。

開封したら、その日のうちに使い切ることが大切です。

そして、栄養のバランスが偏る可能性もあります。

この様に、それぞれキャットフードには特徴があります。

私は、これらのフードの特徴を考えて、ドライタイプとウェットタイプの2種類のフードを混ぜて与えています。

なぜならば、ドライタイプの水分量を補うためです。

次に、年齢によってキャットフードを選ぶことも大切です。

年齢にあわせたフードを与えないと、栄養のバランスが偏ったり肥満の原因にもなります。

子猫には、子猫用の栄養のバランスを取るフードがあります。

そして、成猫用と老猫用とあります。

それぞれ、年齢にあわせたフードを選ぶことで猫の成長に欠かせない栄養素を取ることができるのです。

また、肥満用や体調に合わせたフードもあります。

それぞれに猫に合ったフードを選ぶことが大切です。

それらのフードを選んだら次に、食事の与え方というのも猫を飼う上で大切なことです。

猫というのは、本来何度も食事を取る動物です。

ですが、何度も食事を与えていると肥満の原因にもなり、お腹を壊したりなど病気の原因にもなる可能性があります。

その為、1日に数回程度を目安に食べきれるぐらいのフードを与えると良いでしょう。

そして、私も行っていることですが、食事の間に少量の猫用のおやつを食べさてあげると良いでしょう。

そうする事で、猫にかかるストレスを減らすことができます。

また、どのフードを与えていても、常に新鮮な水を飲めるようにしておく事が大切です。

猫は、あまり水を飲まない動物です。

ですが、全然飲まないと病気になる可能性があります。

ですので、いつでも水を飲める状態にしておきましょう。

このような事を気をつけて、猫に食事を与えると良いでしょう。

そうすれば、猫の健康状態を維持することができます。

私も、猫の健康状態を気にしているため、フード選びは大切にしています。

沢山のキャットフードがあるため、迷うこともあります。

ですが、猫のためを考えるとフード選びを慎重にしなければいけないと考えています。

それだけ、食事というものは重要なことなのです。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他