キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

猫が病気にならないキャットフード選び

1.キャットフード選びは病気予防に繋がる

猫が絶対に病気にならないキャットフードというものは、残念ながら存在しません。
しかし、猫の食事は猫の健康に大きく関わってくるものです。
健康的な食生活ができていなかったために、病気になる猫もいます。
なので、キャットフード選びというのはとても重要なのです。
そこで今回は、病気の予防に繋がるキャットフードの選び方について紹介します。

1-1.質の良いタンパク質が入ったフードを選ぶ
猫にとってタンパク質は、筋肉を作ったり、健康な体毛を作ったりする欠かせない栄養です。
猫のフードに含まれているタンパク質は主に2パターンあって、ひとつは肉や魚などが原材料になっている動物性タンパク質、そしてもうひとつが大豆や米などが原材料になっている植物性タンパク質になります。
猫は肉食動物のため、動物性タンパク質だと消化性も高く、エネルギーを吸収しやすいです。
しかし、植物性のタンパク質の消化や吸収は苦手としています。
ただ、植物性タンパク質でも原材料からタンパク質を取り出す加工をすると消化率は上がるため、加工済の植物性タンパク質であれば質が良いといえます。
どのような材料が使われているかよく確認し、質の良いタンパク質を与えることは猫の健康に繋がります。

1-2.総合栄養食を選ぶ
猫のメインとなるフードは、必ず「総合栄養食」と記載がされているものを与えましょう。
総合栄養食とは、猫にとって必要な栄養がきちんと入っているフードです。
総合栄養食を必要量与えていれば、バランスのとれた食生活を送ることができます。
「一般食」や「おやつ」などと記載されているフードばかりを与えていると、猫は栄養不足に陥ってしまい、病気になるリスクも高くなります。
もし総合栄養食を食べてくれない場合は、嗜好性の高いウェットフードや一般食を総合栄養食に混ぜると食べることがあります。
他にも、フードをふやかしたり温めたりすることによって、嗜好性を高めることができるので工夫をしてみましょう。

1-3.年齢に合ったフードを選ぶ
年齢にあった食事を与えることも、猫の健康を保つ秘訣です。
生後4週間までは子猫用ミルクを与え、それ以降は子猫用キャットフードを与えていきます。
猫の種類によっても変わってきますが、1歳を迎えたら成猫用のフードに切り替えていきましょう。
そして、個体差はありますが7歳あたりから徐々に老化の兆候が見られるので、様子を見ながらシニア猫用のフードに切り替えます。
成長段階によって、それぞれ必要な栄養は違ってきます。
高カロリーの子猫用フードを成猫が食べたら肥満の原因になりますし、低カロリー志向のシニア猫用フードを子猫が食べたら、栄養失調で成長に影響が出る場合があります。
なので、肥満や栄養失調を防ぐために、年齢に合ったフードを与えましょう。

1-4.病気予防用のフードを選ぶ
猫によって体質は全然違います。
猫の種類や体質によって、かかりやすい病気も変わってくるので、予めかかりやすい病気を調べておき、対策用のフードを与えることも健康維持に繋がります。
例えば、長毛種の場合、毛玉をうまく排出できないリスクが高くなるので、スムーズに排出するためのフードを利用すると、毛玉のトラブル回避に役立ちます。
他にも、お腹が弱い猫には、消化をサポートするフードを与えることも効果的です。
また、ウェットフードをよく食べる猫は歯垢がつきやすいので、歯磨き効果のあるフードを与えるなどの工夫をすることができます。
このように、猫に合わせて病気予防用のフードを与えると、病気になるリスクを下げることができるのでおすすめです。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細