キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの正しい保存方法

1.キャットフードの保存管理の重要性

キャットフードは一度開封をしたらできるだけ早いうちに与えきることが大前提ですが、その間にも保存管理をしっかりと行うことは重要なポイントです。
一度開封すると、フードは空気に触れます。
そして、空気に触れる機会が多ければ多いほど、傷んでいってしまいます。
傷んだフードを猫に与えてしまうと、猫の食欲が低下してしまったり、傷みがひどい場合は体調不良に繋がってしまったりといった可能性もあります。
そのようなリスクを防ぐためにも、できるだけ空気に触れない保存方法が好ましいです。
以下の項目で、ドライフードとウェットフードの保存方法をそれぞれ紹介します。

2.ドライフードの保存方法

ドライフードの場合は、商品にもよりますが開封後1か月以内に与えきるようにしましょう。
また、フードを与えきるまでは、キャットフードのパッケージにそのまま入れておくのではなく、密閉された容器に入れることをおすすめします。
中には、パッケージにチャックが付いているドライフードもありますが、そうではない場合、袋の閉じ方が甘いと空気に触れることになってしまいます。
また、大きなパッケージの中にフードがひとまとめで入っている場合、食べきるまでに何度も袋を開けることになります。
そうなると、フード全体が何度も空気に触れることになってしまうのです。
小さな密閉容器に小分けして保管すると空気に触れる回数を減らすことができるのでおすすめです。
保管場所は、温度が低く、直射日光が当たらない場所を選びましょう。
また、湿気が多い場所はフードが湿気ってしまう可能性があるので避けましょう。
具体的には、食器棚や床下の収納スペースなどがおすすめです。
ちなみに、冷蔵庫の中でドライフードを保管することはおすすめできません。
ドライフードを冷蔵庫から出し入れすることによって結露ができてしまい、フードが湿気る原因になるので、避けた方が良いといえるでしょう。

3.ウェットフードの保存方法

ウェットフードは基本的に開封したらできるだけ早いうちに食べさせましょう。
特に夏場は傷みやすい環境にあるので、猫がウェットフードを残してしまったらサランラップをしてすぐに冷凍庫で保管し、どんなに遅くても24時間以内に与えることがポイントです。
冷凍したフードを再度与える際は、解凍をした上で猫に与えます。
もし、24時間以内に食べきれなかった場合は残った分を破棄しましょう。
また、開封前のウェットフードの場合は、ドライフードと同じように温度が低い場所で、なおかつ直射日光が当たらない場所で保管をします。
商品によっては保存環境によってパッケージが破裂してしまうものもあるので注意が必要です。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細