キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードを小分けすることのメリット

1.ドライフードの場合は小分けをしよう

ドライフードを購入して与える際、元々のパッケージに入れたまま保管する飼い主さんもいますが、フードの鮮度や風味などを保ちたいのであれば、密閉できる小さい容器に小分けして保管することをおすすめします。
ウェットフードの場合は一度開封してしまうと長期間の保存はできませんが、ドライフードは一度開封をしても1か月以内程度であれば保存して与えることができます。
しかし、保存方法によってはとフードが早く酸化したり、計量が面倒になってしまったりといったデメリットが出てくるので、保存方法を工夫する必要があります。

2.キャットフードを小分けするメリットとは

キャットフードを小分けにして保存するメリットはたくさんあります。
具体的にどのような点で利点があるのか、以下の項目で紹介します。

2-1.フードの酸化を防ぐ
キャットフードを小分けにして保存する最大のメリットとして、フードの酸化を防ぐといった点が挙げられます。
商品によっては、あらかじめ小分けにパッケージされているフードもあります。
しかし、そうではない大容量パックのキャットフードの場合、小分けせずにパッケージを毎回開け閉めして給餌を行っていると、その度にフード全体が空気に触れることになります。
フードが空気に触れる機会が多ければ多いほど酸化が進んでいき、風味や香りなどを低下させてしまう原因になってしまうのです。
また、フード内の脂肪分が酸化をすると、悪玉コレステロールという物質ができます。
この悪玉コレステロールを日常的に取り入れていると、ガンになるリスクが上がったり、老化を早めるきっかけになったりなどの可能性もあるため、フードの酸化防止策を立てることは非常に重要です。

2-2.フードの計量が楽になる
1日分や1回分の食事ごとなどに小分けした場合、計量の手間を省けるといったメリットがでてきます。
計量する手間を省くことによって給餌がスムーズになりますし、急いで与えたために計量を誤るといったリスクを回避することができます。
特に、誤った給餌量を長期的に与えてしまった場合、健康管理にも影響が出てきてしまうので、正しい給餌量を毎回正確に与えるということは大事といえます。

2-3.猫の手が届かないようにできる
いたずら好きな猫や食いしん坊な猫の場合、キャットフードの袋を見つけてかじって遊んだり、袋を破壊して中のフードを盗み食いしてしまったりする場合があります。
そのような行為は袋の欠片を誤飲する危険性や、フードの食べすぎで肥満や病気などに繋がる危険性があるため、避けなければいけませんが、猫を1日中見張っておくことはすべての飼い主ができることではありません。
そこで役立つ対策法が、フードの小分けです。
フードを小分けすることによって収納がしやすくなるので、猫の手が届かない場所に保管することができます。
また、買ってきたままのキャットフードは大抵袋に入っているため、猫のいたずらによって簡単に開封できてしまいます。
しかし、硬い容器へ入れ替えることによって、猫に開けられないようにすることも可能です。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細