キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

猫の好みに合わせたキャットフードの与え方

現在ペットショップに行くと多種多様のキャットフードが並んでおりその全てを把握するのは不可能なほどたくさんのものがあります。

結果的に飼っている猫がおいしく食べてくれさえすれば特にこだわる必要はないともいえるのですが、近頃はオーガニックのものなど猫の健康を気遣ったものも増えてきていますのでかわいい愛猫のために尽くしてあげたくなります。

しかしいくら身体に良い物だとしても猫の好みで無いものをあげ続けて、食事量が減ってしまうのでは本末転倒です。

安価な物にせよ高価な物にせよ、飼い猫が喜んで食べるものを選んで与えてあげるのが一番です。

では猫が喜んでおいしく食べてくれるにはどうすればよいかということですが、購入してきたものをそのまま普通にあげるだけで喜んで食べているのなら何も問題ありません。

ですが過去にも猫を飼ってきた方や同時に複数匹飼っている方ですと、これまでの猫や他の猫に比べてどうもこの子は食が細いのでは、と思うこともあるはずです。

単純に個体差として食の細い猫も確かに存在しますが、こういった場合一度はキャットフードが合チてないのでは無いかということを考えてあげましょう。

また猫の場合少しだけ口をつけたと思うとぷいっと余所へ行ってしまい、もう食べないのかなと思っているとしばらくしてからまた食べ始めるということも多々ありますので、残したからといってすぐに片付けてしまったりはせずにしばらくはそのまま置いておいて様子を見てあげます。

それでもやはり適正量を残してしまうようであれば、早急に別のフードに変えてみた方が良いでしょう。

栄養不足で病気にでもなっては大変です。

いくつかの銘柄を試してみて、それで愛猫のお気に入りキャットフードが見つかればそれで問題はありません。

またわたしの過去の体験談としてちょくちょく定期的に銘柄を変えてやらないと徐々に食べぶりが悪くなってきてしまう、という猫も存在しました。

通例では猫といえば一度気に入ったごはんの種類は変えない方が良いとされています。

変えるとしても少量づつ以前の物と混ぜ合わせて与えながら移行していくということが奨励されています。

しかし実際にわたしの飼っていた猫のように同じ物が続くと飽きてしまう猫も居ましたので、猫の食欲が減衰してきたと感じたらその点も参考にしていただければと思います。

他には、実行している方も多いと思うのですがドライタイプのものと缶詰等のウェットタイプのものを混ぜ合わせて与えるという方法もあります。

ウェットタイプのものは基本的に若干費用が嵩みますので、たまにおやつで与えるだけ、という方が多いですがそれをごはんの時にドライフードに混ぜて食べさせてあげます。

これで食欲増進する猫もたくさんいます。

しかしこのウェットタイプのものでもあまり喜んで食べてくれない、という猫もまたいるのです。

その場合にはすこしレンジや湯煎等で暖めてみてあげてください。

猫は猫舌と言われますが、実は暖かい食べ物を好みます。

くれぐれも熱くなりすぎないよう注意が必要です。

人肌程度の温度がちょうどよいと感じました。

その応用としてドライタイプのものをお湯で少しだけふやかしてあげるというのもあります。

柔らかくなることに加えお湯の熱で香りが増しますので食欲増進します。

以前うちの猫が病み上がりで食欲が無いときこの方法で食べてくれました。

他にも試行錯誤していれば各家庭の飼い猫に合った方法がきっと見つかるはずです。

かわいい愛猫の為ですので労力を惜しまず、手を尽くしてあげたいものです。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他