キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

食べ残したキャットフードはどうするか

1.キャットフードを食べ残した時の対処

猫の気分や体調、好みによっては、キャットフードの食べ残しをする場合があります。
飼い猫がフードを食べ残した時の対処法は、フードの種類によって異なるため、以下の項目でそれぞれ紹介します。

1-1.ドライフードの場合
ドライフードの場合、20分以内に片付けるようにしましょう。
基本的に、置き餌はフードの酸化を招く原因になり、風味や香りを低下させてしまうためおすすめできません。
しかし、猫の習慣などによってどうしても置き餌をしておきたい場合は、こまめに取り換えることをおすすめします。
どんなに時間がなくても、1日に最低2回はフードの取り換えを行いましょう。

1-2.ウェットフードの場合
ウェットフードは水分含有量が多いため、ドライフードよりも傷みやすい傾向にあります。
そのため、本来であれば与えた時に完食することが好ましいですが、食べ残しが出てしまった時はラップに包み、冷凍庫で保管した上で、24時間以内に再度与えるのであれば問題ありません。
24時間以上経ってしまったウェットフードは、酸化が進んで美味しさが低下していますし、細菌なども繁殖しているため破棄しましょう。

2.食べ残しをしない工夫を考える

キャットフードの食べ残しが頻繁に起こる場合は、食べ残しが起こらないように対策を考えましょう。
神経質な猫の場合、ちょっとした原因でフードに口をつけなくなることがあるので、以下の点を参考に改善を図ってみましょう。
もし、さまざまな工夫をしてみてもフードを食べ残す場合は、体調不良の可能性も考えられるため、早めに動物病院に連れていくことをおすすめします。

2-1.食事の回数を細かく分ける
食が細い猫の場合、一度に多くの食事量を摂取できない場合があり、そのために食べ残しをしている可能性があります。
そのような時は、一回分の食事量を減らし、代わりに一日の食事回数を増やすことによって改善ができます。
食べないからといって一日に摂取する食事量を減らしてしまうと、栄養不足などを招く可能性があるため、食事量を減らすのではなく、食事の回数を細かく分けるといった方針で対策を練りましょう。

2-2.フードの嗜好性を高める
グルメな猫の場合、フードの嗜好性を高めることによって改善を図れる場合があります。
猫用のふりかけをフードにかけるといったお手軽な方法もありますし、ドライフードの場合はミルクやお湯などでふやかしたり温めたりするといった方法でも嗜好性を高められます。
どのような味や食感ならば食べてもらえるのか、いろいろ試して猫の好みを探ってみましょう。

2-3.猫の好みに合ったフードへ変える
チキンやビーフ、白身魚などキャットフードは商品によって、さまざまな種類が存在します。
また、カリカリとしたドライフードやツナ缶のような缶詰タイプ、ほぼ液状になったスープタイプなど、形状や食感にもいくつかの種類があります。
チキンは好きだけれどビーフは嫌い、ドライフードは食べるけれどウェットフードは食べたくないなど、フードの好き嫌いによって食べ残しをしている可能性があるため、違うフードへの変更を検討してみると食いつき具合が変わることがあります。
食いつきの悪いフードの嗜好性を高めたり、食事の回数を増やしたりしても改善が見られない場合は、試してみても良いでしょう。

2-4.食器や食事する場所を変える
手から与えたら食べる場合や、集中できる場所だと食べ残しをしない場合は、キャットフードではなく食事をする環境に問題があると考えられます。
その場合は、食器や食事する場所を変えてみましょう。
また、引っ越しや模様替えなどをした場合、ストレスによって食欲が減少する場合があります。
新しい環境に慣れてしまえば食欲も元に戻りますが、何日か様子をみても改善しない場合はストレスが大きくかかっている可能性も考えられるため、動物病院などへ相談することをおすすめします。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細