キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフード選びには猫ちゃんの性格が大きく関わってきます

猫ちゃんの健康維持の為に食事は大きな役割を果たします。

栄養バランスの良い食事を取っている猫ちゃんは、つやつやの毛質をしている事が多いでしょう。

毛艶の良くなる食事の為のご飯選びが必要となります。

ホームセンターやペットショップに行くと、様々な種類のキャットフードが並んでいます。

オールマイティーのものや、年齢別に販売されているもの、味や食感、毛玉ケア等の特殊なフード等、各メーカーから趣向を凝らしたフードがたくさん販売されています。

このようにたくさんあると、何を選択してよいか迷迷う方も多いのではないでしょうか。

味や食感の違いによって、猫ちゃんの好き嫌いも分かれます。

固形のペットフードの場合は、添加物が気になる方もいるでしょう。

キャットフードの選び方として、一番最初にチェックしたいのは、成分表です。

成分表には、一般的に配合料の多い成分から記載されています。

猫ちゃんはもちろん肉食の動物ですから、肉類が最初に記載されている商品をピックアップしてみましょう。

少し前までは、日本は海外に比べ、添加物の含有量の差が大きいとされていましたが、近年はすべて国産のペットフードや、添加物を使わずに作られたフード等も多数販売されています。

また、健康管理を目的としている動物病院で取り扱っている商品であれば間違いない事が多いでしょう。

商品選びについては、これである程度絞り込めた事でしょう。

次は、猫ちゃんの好みに合わせたチョイスです。

大きな違いとして、歯触りがあります。

噛んだ時にカリっと音を立てて割れる固いものから、もふっとした柔らかいものまで、キャットフードの固さには種類があります。

経験から言えば、固い商品よりも表面が固く、中が柔らかくなっている商品の方が好んで食べる子が多いように感じますが、自宅のねこちゃんの様子に合わせてみましょう。

また、風味にこだわりを持つ子もいます。

購入当初は勢い良く食べていても、時間が経ち風味が薄れるにつれ、そっぽを向いてしまう子がいます。

こういう子には、風味が落ちないよう、予め小分けにされている商品が向いているでしょう。

もし、他の条件で良いものが無い場合は、購入し封を開けたらすぐ、密閉できる容器に入れ、小分けにした後で冷凍庫にしまうと良いでしょう。

味や風味の劣化を最小限に押さえる事が出来ます。

好みに合った商品が、必ずしも健康に良いとは限りません。

人間と同じで、ジャンクフードを好む猫ちゃんもいるかもしれません。

栄養価の高いフードを食べてほしいのに、えり好みしてしまう場合には、フードの切り替えの為の期間を長く持つと良いでしょう。

最初は、猫ちゃんの好みに合わせたフードをメインに、切り替えをしたいフードをすりつぶし、口にしてくれる程度の量を混ぜます。

日がたつにつれ、少しずつ含有量を増やしていき、粉から固形のフードに切り替えていくとヌいでしょう。

もし、食の細い猫ちゃんなら、お湯でふやかしたフードに、風味の良い缶詰を少し混ぜてあげると良いかもしれません。

この方法なら、風味の良いご飯と栄養価の高いご飯で薬を混ぜて投薬する事が出来るため、病気で食欲が無い猫ちゃんのにも有効なのです。

フード選びの際には、猫ちゃんの嗜好を十分に考慮しつつ、食べてもらう為の工夫を怠らない事が一番の近道です。

私の家にいる子には、食の細い子から図太い子までいますが、やはり食べ物への執着心の高い子の方が何かと育てやすかったりします。

もしこれから猫ちゃんとの生活を考えているのであれば、外見や性格と共に、食に対する意識にも目を向けてあげると良いかもしれません。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他