キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

猫の好みに合わせたキャットフードの選び方

1.猫の好みを調べる方法について

猫によってフードの好みはさまざまです。
あらゆるフードを好き嫌いせず食べる猫もいれば、特定のフードしか食べないこだわりが強い猫もいます。
食にうるさい猫を飼っている場合、その猫がどのような味や形状のフードを好んで食べるのかを知ることによって、飼い猫の口に合うフードを選ぶことができます。
そこで、猫の好みにあったフードを選ぶコツについて、以下の項目で紹介します。

1-1.様々な食材を与えてみる
キャットフードの種類は数多く、使われている原材料も商品によって多様多種です。
例えば、ビーフやチキン、ポークなどのメジャーなお肉もあれば、カモやシカ、ヒツジ、イノシシといった少々珍しい動物の肉を原材料として使うこともあります。
肉だけでなく、魚を使ったキャットフードも多く、マグロやサンマ、シラス、サケ、タラ、マス、ニシンなどの原材料を使ったキャットフードも出ています。
他にも、商品によっては肉と魚を混ぜて使っているものがあります。
猫の好みを知りたい場合は、肉と魚が混じっているものだと、どっちを好んでいるのか見分けがつけにくい場合があります。
なので、まずは肉だけ使ったキャットフードと魚だけ使ったキャットフードを与えてみて、どちらに反応するか試してみることをおすすめします。
猫によっては肉と魚が混ざった味のみを好む場合もあるので、肉だけのキャットフードと魚だけのキャットフードのどちらを与えても反応が悪い場合は、どちらも混ざったものを与えてみましょう。
また、キャットフードの中には小麦や大豆、トウモロコシなどの穀物を使ったものも存在します。
穀物入りのキャットフードを絶対に与えてはいけないというわけではありませんが、基本的にはあまりおすすめできません。
猫は肉食動物です。
肉や魚を消化することは問題ないのですが、本来あまり食べることのない穀物は消化が苦手なので、どうしても穀物入りでないと食べてくれない場合を除いては、穀物を主原料としたフードを与えることは避けるべきです。

1-2.様々な形状のフードを与えてみる
キャットフードには大きく分けて、ドライタイプとウェットタイプの2種類があります。
ドライタイプは硬く焼き上げてカリカリとした状態のフードで、ウェットタイプは素材の風味をそのまま楽しめる水分量の多いフードのことを指します。
また、ウェットフタイプにはさまざまな食感のものがあり、スープ状のようにほぼ液体になっているものもあれば、ムースのように固まっているものもあります。
ドライタイプの方が比較的安い傾向にあり開封後も長期間保存できるため、ドライタイプを与えている飼い主さんも多いです。
しかし、猫によってはドライタイプよりも嗜好性が高い傾向にあるウェットタイプを好む場合があるので、ドライタイプへの食いつきが悪い場合はウェットタイプへの切り替えを検討してみましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細