キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードを酸化しないように保存するには?

1.酸化とは

酸化とは、食べ物が空気に触れることによって起きる反応のことを指します。
長時間空気に触れた結果、食べ物の風味や鮮度がおちてしまったり、果物などの色が変わったりする現象は、この酸化が原因で起きていることなのです。
そして、キャットフードも例外ではなく、空気に触れることによって酸化が進んでいきます。
キャットフードが酸化をするとドライフードの場合、表面が油っぽさでベタベタになったり、指で押しつぶした際にやわらかくなっていたりなどの現象を確認できます。
また、ウェットフードの場合だとフードの色に変化が現れるものもあります。
キャットフードが酸化すると、味やにおい、食感の質が下がってしまい、猫の食欲を低下させる原因になりかねません。
また、フードに含まれる脂肪分が酸化することによって、悪玉コレステロールという物質が生まれます。
悪玉コレステロールを摂取し続けてしまうと、ガンやアレルギー、老化を早めるきっかけになってしまう可能性もあるのです。
そのため、健康的な食生活を徹底するには、フードが酸化しないように管理することも大事だといえます。

2.フードの酸化を防ぐ方法

キャットフードにはドライフードとウェットフードの2種類が存在します。
フードのタイプによって、おすすめの管理方法が違ってくるので、以下フードの酸化防止対策についてそれぞれ紹介します。

2-1.ドライフードの場合
ドライフードの場合、密閉できる容器をいくつか用意しておきます。
そして、最初に開封した段階でフードを小分けして、密閉容器にそれぞれ入れておく保存方法がおすすめです。
多くのドライフードは約1ヶ月程度の期間で食べきることを前提としていますが、その期間中何度もフードの袋を開け閉めしていたらその都度フード全体が空気に触れることになるため、酸化を進める原因となってしまいます。
しかし、小分けにしておくことによって、フード全体が空気に触れる回数を減らすことができます。
また、保管する容器についてですが、密閉できる容器であれば基本的にどのような素材でも構いません。
中にはペットフード用の密閉容器なども販売されているので、容器選びに迷った場合は利用してみても良いでしょう。

2-2.ウェットフードの場合
ウェットフードの場合は、一度開封してしまうと傷みやすくなるため、ドライフードのように何日もかけて与えるということができません。
そのため、ウェットフードは開封をしたら24時間以内に食べさせるようにしましょう。
もし、猫がウェットフードを途中で残した時はフードをラップで包み、空気に触れさせないようにした上で冷凍庫に入れて保管します。
時間をおいて再度食べさせる場合は解凍をしてから与えることがポイントです。
もし、1日以上経っても全部食べなかった時はフードを破棄しましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細