キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

酸化したキャットフードを与えた時に出る影響

1.酸化したキャットフードを猫に与えるのは危険

キャットフードを含め、あらゆる食べ物は空気に触れることにより酸化します。
酸化してしまった食べ物は味や見た目、食感などに変化が現れるようになり、放置しておくと最終的に傷んでしまいます。
キャットフードも例外ではありません。
例えば、ドライフードの場合はフードの表面が油っぽくなりベタベタしますし、買ってきた時よりもにおいや味が薄くなります。
また、ウェットフードの場合は空気に触れることにより乾燥していくので、パサパサとした食感に変わってしまうのです。
このような味や食感の変化が起きることにより、フード全体の嗜好性が低くなります。
グルメな猫や、買ってきたばかりの新鮮な味にこだわりを持っている猫の場合は、酸化してまずくなったフードを嫌う場合があるので食欲不振に繋がってしまいます。
酸化が進行して傷んでいるフードは下痢や嘔吐などの体調不良に繋がることがあり、猫にとって大きなストレスとなります。
また、キャットフードに含まれている脂肪分が酸化すると、悪玉コレステロールという物質に変化します。
悪玉コレステロールを摂取し続けてしまうと血管を詰まらせる原因になり、動脈硬化やガンになるリスクを高めるのです。
他にも、老化が早く進む原因になったり、アレルギー発症の原因になったりなどの悪影響を及ぼす可能性があり、健康に良くないといえるでしょう。

2.酸化したキャットフードを与えないためにできること

酸化したキャットフードを食べさせて悪影響を出さないためには、フードを空気にできるだけ触れさせないことが重要です。
ドライフードの場合は、最初に開封した時点でフードを密閉できる容器に全て移し替えましょう。
ペット用のフードストッカーや自動給餌器、食品保存用の容器や袋などの利用がおすすめです。
また、ドライフードは湿気にも弱いため、心配な場合は除湿剤を容器内に入れておくと安心です。
容器によっては簡単に内部を真空状態にできるものや、いちいち容器を開封しなくとも取り出したい分だけ取り出せるものもあるため、自分に合った容器を選びましょう。
ウェットフードの場合は、基本的に開封したらその日中に完食させるか、残った分は破棄しましょう。
ウェットフードは水分を多く含んでいる分、酸化するスピードも早いため長期間の保存はできません。
もし、食べ残しが発生した場合は余った分をラップにしっかりと包み冷凍庫で保管した上で、24時間以内に再度食べさせるようにしましょう。
もう一度与える場合は、冷凍庫から冷蔵庫にフードを移し、ある程度柔らかくなってきたら、常温で解凍することがポイントです。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細