キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードが酸化しているかどうかの見分け方

1.酸化したキャットフードの特徴

酸化したキャットフードにはさまざまな特徴が現れます。
商品にもよりますが、酸化することによって不味く感じる傾向にあり、猫の食欲低下につながるリスクがあります。
また、酸化したキャットフードには悪玉コレステロールという成分が含まれています。
この悪玉コレステロールをたくさん摂取してしまうと、動脈硬化やガンを招く原因にもなりかねません。
以上のことから、キャットフードは酸化する前に与える必要があり、飼い主には酸化したキャットフードを見分ける力が求められます。
そこで、酸化したキャットフードの特徴について以下の項目にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

1-1.表面が油っぽい
ドライフードの場合、酸化することによって表面がベタベタと油っぽくなる傾向にあります。
また、油っぽさと同時にフードが柔らかくなることもあります。
指で押しつぶしてみて、簡単に変形してしまうフードはすでに酸化している可能性があるため、与えないように注意しましょう。

1-2.においや味が薄くなる
酸化が進むにつれて、キャットフードのにおいや味が薄まることがあります。
また、商品によっては苦味が増す場合もあり、このようなフードは猫が嫌がって、突然食べなくなることも考えられます。

1-3.ウェットフードはパサパサになる
ドライフードは柔らかくなる傾向にあると説明しましたが、ウェットフードの場合は空気に触れることによって徐々に乾燥するため、パサパサとした食感に変わっていきます。
パサパサになったウェットフードは当然酸化も相当進んでいますし、傷んでしまっている可能性もあります。
特に夏場はウェットフードが傷みやすい環境のため、腐ったようなにおいがする場合は絶対与えないようにしましょう。

1-4.色が変色する
これもウェットフードに多いですが、酸化の進行によって色が変色する場合があります。
バナナが酸化すると黒く変色していくように、以前のフードの色ではない色が見え始めたら、酸化してきている証拠なので与えるのをやめましょう。

2.こんな保管方法や扱いには要注意

酸化している状態が常に見られるような場合、そもそもの保管方法が悪いために、フードが酸化しやすくなっていることも考えられます。
以下のような保管方法をとっている場合、フードが酸化していないか確認をしましょう。

2-1.密閉容器を使っていない
食べ物は空気に触れる機会が多いほど酸化していきます。
ドライキャットフードのパッケージを開封した後、すぐ密閉できる別の容器や袋に移したり、小分けにして密閉したりすれば、空気に触れる回数も減ります。
しかし、買ってきたままのパッケージを毎回開け閉めして給餌している場合は、給餌のたびにフードが空気に触れることになり、当然酸化も進んでいきます。
また、袋の閉め方が甘いと空気が袋の中に入ってしまうため、すぐに酸化してしまいます。
このような保管方法をとっている場合は、すぐにフードの状態を確認し、まだ酸化していないようでしたら密閉できる容器に移し替えましょう。

2-2.フードの置きっぱなしが多い
だらだらと食事をする猫の場合、フードをお皿の上に置いたまま放置し、好きなタイミングで食べさせる方法をとるという飼い主さんもいます。
しかし、この方法はフードの新鮮さを考えるのであればおすすめできません。
常に空気にさらされることになるので、早いスピードで酸化していきます。
特にウェットフードの場合、食べ残しはすぐに冷凍庫保管しないと傷むため、食べないキャットフードは速やかにしまい、時間を置いてから再度フードを取り出して与えるようにしましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細