キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードを切らしたときに何をあげればいいか

1.なるべくフードを切らさないことが大前提

キャットフードが少なくなってきたと感じたら、できるだけ早く次のキャットフードを買っておくことをおすすめします。
やむを得ずキャットフードがなくなってしまった場合は、人間用の食材で対応することもできますが、ある日を境に突然ごはんの内容が変わってしまうと、猫にとって大きなストレスとなる可能性があります。
普段食べ慣れないものを食べて体調を崩してしまうデリケートな猫もいるので、基本的にいつも与えているキャットフードは切らさないようにしましょう。

2.フードを切らした時に与えても良い食べ物

キャットフードを切らしてしまった場合は以下のような食べ物を与えて対処しましょう。
また、これらの食べ物を猫に与える際は、人間用の調味料は使用しない状態で与えてください。

2-1.肉
牛肉や鶏肉、豚肉などのお肉は猫が喜んで食べる傾向にあるのでおすすめです。
特に、鶏肉は猫のエネルギー源となるタンパク質が豊富で低脂肪なため、猫のからだに良いのです。
牛肉や鶏肉は生のまま与えても良いとされていますが、基本的に加熱してから与えたほうが安心です。
また、豚肉を与える場合は必ず加熱をした上で与えましょう。

2-2.魚
鮭や白身魚などの魚もタンパク質が含まれているため、おすすめです。
もし、魚を猫に与える場合は必ず骨を綺麗に取り除きましょう。
また、生のままで与えると寄生虫がついている可能性があるため、加熱をしてから与えましょう。

2-3.さつまいもやじゃがいも等の野菜
さつまいもやじゃがいも、かぼちゃなどの野菜を柔らかくなるまで煮込んだものも猫に与えることができます。
食物繊維が豊富に含まれているので、適量の摂取であればお通じにも効果があります。
他にもビタミン類や鉄分などが含まれており、栄養がたくさん入っているのです。
ただし、与えすぎてしまうと下痢などの体調不良を起こす可能性があるので、少量にとどめておくのが賢明です。

2-4.カッテージチーズ
猫はチーズを好んで食べる傾向にあります。
そのため、猫の食欲を掻き立てるのにチーズを与えるのも良いでしょう。
塩分が含まれているチーズは塩分の過剰摂取になってしまうので与えられませんが、カッテージチーズなら塩分が少ないため、猫に食べさせても問題ありません。

2-5.プレーンヨーグルト
猫はチーズだけでなく乳製品全体が好きなので、ヨーグルトも好んで食べる傾向にあります。
砂糖が入っていないプレーンのヨーグルトであれば、糖分の摂りすぎにならないのでおすすめです。
ただし、ヨーグルトは脂肪分が多い食べ物なので、食べすぎてしまうと肥満に繋がる可能性があります。
そのため、ヨーグルトも少量だけ与えることをおすすめします。

3.猫まんまは猫の食事として与えないこと

まだキャットフードがあまり販売されていない時代の頃は、お米にお味噌汁や鰹節をかけた猫まんまを猫の食事として与えている飼い主が多くいました。
そのため、猫まんまは猫の食事に向いているものだと思われがちですが、実は栄養的な面を考慮すると猫にとって良い食事とはいえません。
お米を食べすぎてしまうと肥満の原因にもなりますし、お味噌汁は人間用の味付けになっているため、猫にとっては味が濃すぎてしまいます。
猫まんまだけでは猫にとって必要な栄養を十分に摂取することができないので、キャットフードを切らしたからといって、猫まんまを与えることはやめましょう。
また、猫まんま以外にも人間の食べ物で、猫にとって危険な食べ物はたくさんあります。
ネギ類やチョコ、生卵、イカなどは猫にとって重大な体調不良を招く可能性もあるため、絶対に与えないようにしましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細