キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードとねこのおやつの有効活用

ネコはとても自由でわがままないきもので、何をするにも自分のペースをとても大切にしていて、かわいらしく見ているだけで癒しを与えてくれる素晴らしいペットです。

ネコのえさはおもにキャットフードなのですが、これは主食としてネコの健康のためには重要です。

一日三食でもしっかりとこれを食べさせてあげないといけません。

しかし、しつけのためであったり遊びの時にはネコ用のおやつを与えることもあるでしょう。

おやつはあまりあげすぎると当然ながら主食であるキャットフードが食べられなくなりますが、ネコはえさとしてある分だけ食べてしまう所があるのでできるだけ飼い主がえさの量を考えてあげる必要があります。

これはネコの健康のためにも重要でおやつばかりをあげていても栄養が足りないのであまりこればかりでお腹をいっぱいにしてはいけません。

しっかりとカロリーも栄養もあるおかしでしつけをしてあげることも重要であるという話しです。

ネコが健康で元気に生きていくには太りすぎず痩せすぎず程ほどの量をタイミングまで考えてえさをあげることが重要になります。

えさを多くあげすぎて太らせてしまうと病気にもなりやすいですし、自由に運動もできなくなるのでかわいそうな結果になってしまいます。

太ってしまってはえさの食べる量も増えるのでダイエットする際にもお腹が空いていて苦しそうでかわいそうな気持になってしまうでしょう。

飼い主がしっかりとえさの管理をしてあげるのはネコにとっても飼い主にとってもとても重要な事なのです。

キャットフードとおやつをよく考えて与えてあげることは重要でしょう。

ネコのおやつには色々な種類があり、飼い主がそれを選ぶのもなかなかに楽しいものがあります。

スナックタイプのものや果物のようなもの、煮干しのような魚のタイプのものやキャットフードに似ているもの、人が食べるようなケーキに似せたものまで多種多様にあるのでとてもおもしろいです。

しかし、その味はネコの健康をしっかりと考えた塩分などを控えた成分になっているので安心して与えてあげることができます。

ただし、ネコちゃんが好んで食べるかどうかは別なのですが、タイミングをうまくすればネコちゃんにとってはちょっと苦手なおやつでも食べてくれるでしょう。

私の場合はネコ用のお菓子はそのこの誕生日や記念日にあげるようにしています。

意外とおいしいようでそのお菓子を用意しているとネコちゃんも心なしか嬉しそうであげる私も気持ちが明るくなります。

記念日にはそのえさをねだるようにもなるのでおもしろいものです。

記念日になるとネコちゃんの方からすり寄ってくるなどしてそれが分かるので、またそれもかわいらしくて飼い主としてはたまらないところがあります。

たまにしかあげないのですがネコにとってはとても特別なおやつはやはりネコとの関係を友好的にしておくひとつの方法になるのでしょう。

誕生日や記念日の時が、ネコのおかげでさらに楽しく幸せなものになるのもこのおかげでしょう。

少しばかり値段が高いのであまり多くは買えないのですが、たまに買ってたべさせてあげたくなるようなものがあると良いです。

おかしではありませんが、またたびもかなりネコは好きなので用意しておいてあげると良いでしょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他