キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの代わりにドッグフードを与えても良いか

1.キャットフードとドッグフードの違い

キャットフードの代わりとして、ドッグフードを与えるのは良くありません。
猫がドッグフードを少量食べるだけなら特に問題はありませんが、犬と猫で必要とする栄養は異なるため毎日のごはんとして継続的にドッグフードを食べていると、猫に必要な栄養が摂れなくなってしまうのです。
必要な栄養が摂れないことにより、重大な病気を招いたり、寿命が縮まってしまったりなどのリスクが出てくるため、どんなに良いドッグフードだとしても、猫に与えないようにしましょう。

2.猫がドッグフードを食べ続けることによって不足する栄養

猫がドッグフードを食べ続けると、具体的に以下の栄養が不足していきます。

2-1.タウリン
タウリンは目や心臓、肝臓などの健康を保つ働きを持っています。
タウリンが不足してしまうと、心臓や肝臓に関する重大な病気にかかる可能性があるのです。
また、目やにが多くなったり、夜盲症にかかったりする場合もあります。
タウリンは猫の体内では作り出すことができない成分のため、食べ物から摂取させなくてはいけません。
しかし、犬はタウリンを体内で作り出すことができることから、ドッグフードはタウリンの含有量が少ない傾向にあります。
そのため、猫がドッグフードを食べ続けるとタウリン不足におちいってしまいます。

2-2.タンパク質
猫にとってタンパク質はエネルギー源となる重要な栄養です。
エネルギー源となる以外にも、からだの成長や消化のサポートにも役立つ栄養のため、欠かすことができません。
犬は猫に比べると、そこまで多くのタンパク質を必要とはしておらず、そのことを考慮してドッグフードが作られているので、猫が食べても十分なタンパク質が摂取できないのです。

2-3.ピリドキシン
ピリドキシンはアミノ酸などの代謝を助ける役目を持っています。
ドッグフードにもピリドキシンは含まれていますが、猫は犬の3~4倍ほどのピリドキシンが必要だといわれています。
そのため、ドッグフードでは十分なピリドキシンを摂取することができないのです。
ピリドキシンが不足してしまうと、血液や皮膚、神経などに悪影響を及ぼす危険性があります。

2-4.ナイアシン
ナイアシンは、猫の神経や消化器などの健康を支える栄養のひとつです。
ナイアシンはタウリンのように、猫の体内で作り出すことができない成分なので、食事から摂取する必要があります。
ピリドキシンと同じように犬と猫で要求量の差が激しいため、ドッグフードでは十分なナイアシンを得ることができません。

2-5.ビタミンA
ビタミンAは猫の目や被毛の健康に欠かせない栄養です。
犬は体内でビタミンAを作り出すことができるため、ドッグフードにビタミンAを含まなくてもそれほど重大ではありません。
しかし、猫は体内でビタミンAを作り出すことができないため、食べ物から摂取できないと目や被毛関連の病気に繋がる可能性があります。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細