キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

安全無添加のキャットフードを選ぶために

1.無添加のキャットフードとは?

無添加とは、人工的に作った「合成添加物」というものが含まれていないという意味です。
合成添加物は、科学的な方法を用いて作っている天然には存在していない原料のことを指します。
合成添加物には、長期保存をするための防腐剤や保存料、見栄えを良く見せるための着色料などの種類があります。
中でも、安い価格で売られているキャットフードには、これらの原料が使用されている傾向にあるのです。

2.合成添加物が入っているフードはなぜ危険なの?

合成添加物が使用されているフードは、猫のからだにとってはメリットがありません。
例えば、保存料であるソルビン酸カルシウムや亜硫酸ナトリウム、着色料である赤色〇号・黄色〇号は発がん性やアレルギーのリスクが指摘されています。
また、防腐剤であるBHAやエトキシキンは、毒性が強くがんや体調不良などの報告がされているのです。
多少期限が短くても保存料などのないフードが好ましいですし、見栄えが良いフードも色を正確に判断できない目を持つ猫にとっては意味がないのです。

3.無添加のキャットフードを選ぶ時のポイント

少々高額な商品もありますが、中には合成添加物を含まない無添加のキャットフードというのも存在します。
猫の健康のために無添加のフードを購入することをおすすめしますが、無添加のキャットフードを選ぶ時は以下の点に注意してください。

3-1.質の低い原材料が使われていないか
天然の原材料のみを使用しているフードでも、その原材料の質が低いフードもあります。
例えば、消化性にそこまで優れていない穀物や人間が食べない部位の肉や魚のくずを使用しているものもあるのです。
確かにどれも天然素材ではありますが、質の低いものよりも質の高いものの方が、猫の健康のためにも良いです。
なので、無添加のキャットフードを購入する際は、原材料の項目もきちんとチェックしましょう。

3-2.賞味期限内に食べきれるかどうか
無添加のキャットフードの場合、保存料や防腐剤を使用していない故に賞味期限が短く設定されている商品があります。
そのため、購入する前には賞味期限内に食べきれるか確認をしましょう。
期限を大きく過ぎたフードを与えてしまった場合、猫がお腹を壊し、かえって体調を損ねる可能性があるので要注意です。

3-3.飼い猫が好む味がどうか
無添加のキャットフードは、猫の嗜好性を上げるための人工的な香料は使用していません。
そのため、添加物入りのフードより嗜好性が低い場合もあります。
グルメな猫の場合、食べないことも考えられるので無添加のキャットフードを購入する際は、できるだけ猫が好む食材を使ったものを与えると良いでしょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細