キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードのメリット、デメリットを理解して猫と快適な生活を

大切な家族である猫にあげるキャットフード。

食事は毎日のことなので、人間と同じく、いや、人間より野生に近い猫であるからこそ、人間以上に、健康にもストレスにも直結してくるのがエサ選びである。

野生に近い動物とはいっても、人間が飼っている猫は外で狩猟をすることが出来ない。

そのため、飼い主である人間が与えるエサが、猫の栄養摂取の全てになってしまうため。

気をつけて選び、エサを与えたいものである。

猫に必要な栄養素は当然、人間とは違う。

猫は本来肉食動物である。

また、水が少なくても大丈夫なような体にするため、結果腎臓が弱く、塩分をさけるようにする、年齢や健康の状態によってとりたい、気をつけてあげたい栄養素など、飼い主が思っている想像以上に多くある。

こだわって手作りをしてあげても、上記のような必要不必要な栄養素を調べるのは大変であったり、作ったエサの保存に気をつけないと痛みやすく、逆に手間だけがかかり、結果エサを作ることがストレスになってしまったりする場合があるため、手軽に購入できる市販のキャットフードを利用するのはメリットが大きい。

キャットフードはコーナーへ行くと沢山のキャットフードが陳列されており、種類も味も価格も本当に多く、悩んでしまうこともあると思う。

年齢によって分けられているので、まずは飼い猫の年齢にあったものを選ぶこと。

子猫は成長期で動き回ためにカロリーが多く必要になるし、逆に老猫にはカロリーも少なく、消化がよくできている。

カロリーが気になる太った猫には、カロリーが抑えられたフードも用意されている。

キャットフードは、アメリカのAAFCOというペットフードの栄養に関するガイドラインを作っている団体がある。

そこの団体が作成した各ペットに対する栄養基準のガイドラインが世界基準にもなっており、日本のペットフード公正取引協議会も、そのガイドラインを反映した規約を作成している。

キャットフードはおおまかに、総合栄養食、一般栄養食とわかれている。

総合栄養食は、そのフード一つで猫に必要な栄養素が満たされているものである。

一般栄養食は、総合栄養食と一緒に与える、おかずのようなものになっているものである。

また、おやつのような感覚であげられる間食というものも数多くあり、猫の好み、体調をよく知り、上手にエサをコントロールしてあげるのが必要である。

ドライフードは保存性が高く、栄養素も多い。

また皿に出してからも傷みずらく、カリカリした歯ごたえのものなのでエサを食べるのと同時に歯石予防にもなるが、水分が低いので、他で水分を充分にとるよう気をつけてあげたい。

ウェットフードは水分が多く、多くの猫が好んで食べてくれやすいものでもあるのだが、いったん皿に出したフードは傷みやすいので、夏などは保存に特に気をつけてあげたい。

おやつは、嗜好性が高く、カロリーが高いものが多いので、ほとんどの猫は好んで食べてくれるが、それだけでは栄養はまかなえず、カロリーが高いため太りやすかったり、そればかり欲しがって、肝心のエサを食べてくれなくなったりする場合も多いため、あげすぎには注意したい。

どのフードでも、猫がかかりやすい尿管結石などに注意した栄養バランスに注意をしているが、新鮮な水を同時に与え、いつでも飲めるようにしておくのも非常に大切である。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他