キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

猫がキャットフードを吐いたときには?

1.猫がキャットフードを吐く原因

猫にキャットフードを与えたら嘔吐してしまったという場合、以下の原因が考えられます。
原因によって対処法も異なってくるため、嘔吐した場合は猫の様子をよく観察しましょう。
おかしいようであればすぐに動物病院に連れていき、診察をしてもらうことをおすすめします。

1-1.早食いをした・食べすぎた
フードを早食いしたり、食べすぎたりした場合は、食後に吐く可能性があります。
食べすぎについては、飼い主の方でフードの量を調整することによって改善することができます。
1回分の食事量が多い場合は食事の回数を多くして、こまめにフードを食べさせると良いでしょう。
また、早食いを防ぐために、早食い防止用の食器を使うこともおすすめです。
早食い防止用の食器は、底がボコボコとしているため少しずつ食べさせられるというメリットがあるだけでなく、どのようにしたらフードが食べられるかを考えながら食事するため、認知症防止にも効果が期待できます。

1-2.毛玉を吐くため
猫は毛づくろいの際に舐めて体内に入ってしまった毛玉を、吐き出す習性を持っています。
中には、毛玉を吐く際にキャットフードが一緒に出されてしまう場合もあるので、フードを吐いたように見えてしまうのです。
猫が吐いたものを観察し、まずは毛玉が混じっているかどうかをチェックしましょう。
毛玉と一緒にキャットフードを頻繁に吐いている場合は、日頃からブラッシングをして飲み込む毛の量をできるだけ抑えたり、毛玉を便と一緒に排出する毛玉除去剤などを舐めさせたりすると良いでしょう。

1-3.キャットフードが喉に突っかかった
キャットフードの粒が大きすぎる場合や、飲み込みづらい形状をしている場合、喉にフードが突っかかって吐き出してしまう場合があります。
もし、キャットフードが食べづらそうな場合は、キャットフードをぬるま湯でふやかすなどの対応をとると改善できます。
フードをふやかすことにより、飲み込みやすくなるだけでなく、フードの嗜好性を高めることもできるので、食欲がない猫にもおすすめです。
また、もし他のキャットフードを食べてくれる場合は、小粒で食べやすいフードへ変更するのも改善方法のひとつです。

1-4.アレルギー反応や病気
猫は人間と同じく、食物アレルギーを起こすことがあります。
動物性タンパク質や穀物などが原因でアレルギー反応を起こしてしまう猫には、アレルギーの原因となっている物質が含まれていないキャットフードを与えましょう。
今まで食べたことない肉や魚が使用されているキャットフードは、アレルギー反応を起こす確率も非常に低いため、獣医さんに相談した上で、鴨肉やラム肉など少々珍しい種類の肉を使ったフードを与えてみてはいかがでしょうか。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細