キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

タイ産キャットフード

1.タイ産の猫用ツナ缶が多く輸入されている

日本で出回っているキャットフードのうち、タイ産の製品は数多くあり、中でも猫用ツナ缶はタイ産が多く輸入されている傾向にあります。
タイは小型のツナを捕獲できる環境にあるため、ツナ缶の生産量も多いのです。
猫用のツナ缶を製造する場合、人間の食べるツナ缶と同じ工場内で加工し製品にします。
そのため、猫の口に入るツナと人間の食べるツナは同じクオリティで、ヒューマングレード(人間の食べ物と同じ品質のペットフード)といえるでしょう。
また、猫用のツナ缶を加工する際は、血合い肉を使用します。
血合い肉には鉄分やビタミン、DHA、EPAなどの猫にとって良い栄養がたくさん含まれており、メリットもたくさんあるのです。

2.タイの品質管理はしっかりしている

キャットフードだけでなく、人間用の食べ物においてもタイ産の製品は数多く日本に輸入されています。
タイは「世界の台所」ともいわれており、世界に向けて高品質で比較的安価な食べ物を輸出している国なのです。
そのため、タイの食品生産工場では品質管理や安全基準についても厳しく行われている傾向にあります。
食品の安全性や品質管理については、メーカーによってさまざまな基準を取り入れています。
HACCPという国際的な食品衛生基準や、AAFCOとよばれる米国の団体で設定されたペットフードの栄養や表示などに関するガイドラインなど、世界的に認められている基準を採用しているメーカーが多く、タイ産製品はさまざまな国から信頼されているのです。

3.タイは人件費が安い

タイは人件費が安く、その分低価格で商品を輸入できるといったメリットがあります。
タイの工場では、1日あたりの労働賃金が数百円程度のため、数千人に及ぶほどの作業員を抱えているところもあります。
タイに生産工場を持つ外国企業も非常に多いのです。

4.タイの労働問題について

品質の高いタイ製品ですが、タイの労働環境について問題視している人もいます。
あるタイの大手企業では、1日20時間以上の労働を無給で行わせていたことが発覚したことにより、大きな問題となりました。
季節移住者や移民を利用し、長時間働かせ、ミスをした場合暴力や殺人が行われる環境が長年続いていたのですが、近年になってそれが明るみになっています。
ツナ缶を作ることにおいて欠かせない漁業においてもそのような労働環境にあり、キャットフードが作られている背景で奴隷労働が行われていることを快くないと感じている人も中にはいるのです。
ただ、この労働環境は世界的に問題視されており、アメリカなどはこの状況に対して、タイへの経済制裁を行う可能性も示唆しているため、今後改善する可能性も見込まれます。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細