キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの味(七面鳥・鴨など鶏以外の鳥)

1.鶏以外の鳥をキャットフードのメイン材料に使うこともある

キャットフードによく使われる鳥類の肉といえば鶏肉ですが、実は鶏以外の鳥の肉を使用したキャットフードというのも存在します。
今回は、キャットフードにも使用されていることが多い、七面鳥と鴨についてそれぞれ紹介をしていきます。

2.七面鳥の特徴について

七面鳥というと、「クリスマスに食べるもの」というイメージを持っている方も多くいますが、実は栄養が非常に豊富で猫へのメリットがたくさんあります。
以下、七面鳥のメリットについて紹介します。

2-1.アレルギーになりにくい
猫の食物アレルギーで、最も原因になりやすいのがタンパク質です。
タンパク質は肉や魚などに含まれていることが多いのですが、どの肉に含まれているタンパク質がアレルギー反応を引き起こすのかについては、猫によって異なります。
しかし、その中でも七面鳥の肉は、牛肉や豚肉などに比べて、アレルギー反応が出にくいといわれているのです。
七面鳥は脂質が低い肉であり、それが関係してアレルギーが出にくいのではないかともいわれています。
そのため、牛肉や豚肉入りのキャットフードを食べてアレルギーが出た場合は、七面鳥入りのキャットフードを与えてみると問題なく食べられる可能性があります。
ただし、鶏肉を食べてアレルギー反応が出た場合は七面鳥でもアレルギー反応を示す可能性が高いため、鶏肉アレルギーの猫にはおすすめできません。

2-2.ミネラルが豊富
七面鳥にはミネラルが豊富に含まれており、免疫力のアップなどが期待できます。
他にもミネラルの一種である鉄分には、酸素を運ぶヘモグロビンやミオグロビンを構成する働きがあります。
また、同じくミネラルの一種である亜鉛には、肉球や鼻の健康をサポートする効果や健康な体毛を維持する効果などが期待できます。

2-3.脂肪が少ない
七面鳥は鶏肉や牛肉、豚肉などと比べると圧倒的に脂肪分が少ないです。
100gあたり約0.7gの脂肪しか含まれておらず、肥満に悩む猫にもおすすめできます。

3.鴨の特徴について

チキンなどと比較をするとメジャーなイメージのない鴨肉ですが、実は鴨肉にもメリットがたくさんあります。
以下、鴨のメリットについて紹介します。

3-1.タンパク質が豊富
鴨肉はヘルシーかつ、タンパク質が豊富といった特徴を持っています。
猫にとってタンパク質は重要なエネルギー源となる栄養です。
肥満が気になっている場合は、鴨肉のようなお肉の摂取をおすすめします。

3-2.ビタミンBが豊富
ビタミンBは猫にとって欠かせない栄養です。
ビタミンB1やB2が不足してしまうと吐き気や食欲不振といったトラブルを起こすことがあります。
鴨肉はビタミンBが豊富なことで有名で、特にビタミンB2においては脂質の代謝を上げる効果があります。
猫の肥満予防としても有効です。
また、コラーゲンも豊富なため、猫の毛並みを良くする効果も持っています。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細