キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

泌尿器症候群用キャットフード

1.猫の泌尿器症候群について

血尿が出る、トイレに行くのに尿が出ない、排せつ時に痛がっている、トイレ以外の場所で排せつをするなどの状態を総称して「泌尿器症候群」といいます。
猫の泌尿器症候群は、別名FUS(Feline Urologic Syndrome)ともいわれています。
その中で、膀胱や尿道などに起こる病気のことをまとめて「FLUTD(Feline Lower Urinary Tract Disease)」と呼びます。
どの呼び方も、基本的には泌尿器関連の病気のことと大まかに考えて構いません。
猫は泌尿器関連の病気にかかりやすく、特に原因不明の「特発性FLUTD」が泌尿器症候群の半数を占めています。
放置しておくと、症状はどんどん悪化し、最終的に排尿が全くできなくなって死に至るケースもあります。
また末期状態になると、けいれんを起こしたり、昏睡状態におちたりします。
ですが、症状が軽いうちに対処すれば、悪化対策も十分にできる病気です。
排せつ時や排せつ物に異変を感じたら、まずは動物病院に連れていくことをおすすめします。

2.泌尿器症候群になる原因

泌尿器症候群の中でも特に多いパターンが、膀胱や尿道に結石ができる病気になることです。
結石ができてしまう原因は複数あります。

2-1.尿のアルカリ性への変化
猫は通常、酸性の尿を出しますが、細菌感染した時や食事のあとにはアルカリ性の尿を出します。
また、トイレ頻度が少ない場合でも、アルカリ性の尿に変わることがあります。
酸性の尿であれば、ミネラルを溶かすことができるのですが、アルカリ性の尿ではそれができないため、ミネラルは結晶となるのです。
この結晶が固まって結石へと変わっていき、泌尿器症候群を引き起こすことがあります。

2-2.ミネラル摂取の偏り
結石は、大量のミネラルから作られます。
そのため、マグネシウムやカルシウムを摂取しすぎると、結石ができやすくなるのです。
マグネシウムやカルシウムを摂りすぎない食事を与えていれば、結石もできづらく、泌尿器症候群の予防にもなるので、日頃の食事管理も重要です。

3.泌尿器症候群になった時のフードについて

キャットフードの中には「pHコントロール用」として販売されているものがあります。
pHコントロールとは、尿のアルカリ性や酸性などの状態をコントロールすることを指します。
pHコントロール用のフードは、アルカリ性の尿を酸性の尿に変える効果を持っています。
pHコントロール用のフードの中でも、中性に近い、猫の理想の尿pH値を保持することで結石の生成を予防する効果があるものや、尿pH値を結石が溶解する値へ調節する効果を持つものなど色々出ています。
症状にあったフードはどれか、獣医師さんに聞いて、相談してみましょう。
また、猫は水分摂取量が少ないと、排尿の回数が減り、それによって結石ができやすくなります。
そのため、水分量の多いフードを与えることも、泌尿器症候群を解消する手助けとなります。
ウェットフードを与えた上で、水も十分に飲ませてあげることが好ましいです。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細