キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの原材料(野菜)

1.キャットフードで使用されている野菜

猫は肉食動物なので、本来野生であれば、ねずみや鳥などの動物の肉を食べています。
そのため、野菜を食べる習慣はなく、実は野菜を全く食べなくても問題なく生きていくことができます。
しかし、野菜に入っている栄養の中には猫によって良い効果をもたらすものもあるため、キャットフードには野菜が含まれていることがあります。
具体的には、ニンジンやホウレンソウ、トマト、ジャガイモ、パセリ、グリーンピースなどが含まれていることが多いです。
また、野菜を粉末状にした野菜パウダーとして使用されているものでは、キャベツやカボチャを使用しているケースも多くあります。

2.野菜を摂取するメリット

猫が野菜を食べる大きなメリットとして、食物繊維が摂取できることが挙げられます。
食物繊維は猫の腸内環境を整える効果を持っています。
猫の腸内は、食べ物の消化が早すぎると栄養の吸収があまりできず、遅すぎると便秘を起こすといった特徴を持っています。
そこで、消化を程よいスピードで進める調整役としておすすめなのが食物繊維です。
適度に食物繊維を摂取すると、栄養をしっかり吸収しながら、排便もスムーズに行える傾向にあります。
また、食物繊維は便を固くし、粘性を高める効果も持っているので、毛繕いの際に飲み込んだ毛を腸内で絡めとり、便として排出する効果も高いです。
また、野菜を摂取することにより、野菜由来のミネラルやビタミンを摂取することができます。
これらの栄養はサプリメントなどを利用して与えることも可能ですが、サプリメントよりも野菜の方が胃腸を通過するスピードがゆっくりとしているので、栄養を効率よく吸収することができるといわれています。

3.野菜を摂取するデメリット

野菜の持つ食物繊維の中にはセルロースという成分が含まれています。
このセルロースは猫の体内で分解することができません。
そのため、便と一緒に排出しなくてはいけないのです。
セルロースを大量に摂取すると、腸内に負荷がかかり消化不良を起こす危険性があります。
猫によっては、下痢や嘔吐、便秘を引き起こすこともあるのです。
なので、野菜の大量摂取は避けましょう。
また、食物繊維が含まれたフードを食べて体調不良を起こした場合は、動物病院で診察してもらうと良いでしょう。
診察時にどのようなフードを与えれば良いか相談することもできるのでおすすめです。
他にも、特定の野菜の中に、猫のからだに合わない成分が含まれていることがあります。
例えば、ホウレンソウに含まれているシュウ酸という成分は結石を作る原因になることがあるので、大量摂取はおすすめできません。
他にも、キャベツに含まれるリンという成分は大量摂取をすると腎臓に負荷を与えますし、白菜やケール、ブロッコリーなどは甲状腺の機能低下の恐れがあります。
なので、与えすぎに要注意です。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細