キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

野菜入りキャットフードのメリット・デメリット

1.キャットフードに野菜が入っているメリット

キャットフードの中には、野菜が入っている商品が存在します。
キャットフードに野菜が入っていることについては、メリットとデメリットがあります。
まずは具体的なメリットについて、以下の項目で紹介しますので、良かったら参考にしてみてください。

1-1.食物繊維が摂取できる
野菜入りのキャットフードでは、食物繊維が入っていることがあります。
食物繊維とは野菜や穀物に含まれている成分で、腸内環境を整える働きがあります。
食物繊維を摂取することにより、猫の便秘を解消したり腸内に溜まった毛玉を便と一緒に排出したりする効果があるのです。

1-2.ミネラルが摂取できる
野菜にはミネラルが含まれています。
適量のミネラルは猫のからだにとって必要で、猫の脳を作る助けをするリンや、酵素の働きを助けるマグネシウムなど、さまざまな栄養が詰まっています。
野菜を食べることにより、これらの成分も摂取できるのです。

1-3.ビタミンが摂取できる
野菜にはビタミンが豊富に入っており、猫にとってもビタミンは欠かせない栄養です。
野菜入りのキャットフードの中には、ビタミンを多く含んだものもあり、野菜由来の天然なビタミンを摂取できます。

2.キャットフードに野菜が入っているデメリット

野菜入りのキャットフードにはデメリットもあります。
具体的にどのようなデメリットがあるのか、以下の項目で紹介していきます。

2-1.食物繊維を過剰摂取すると体調不良になることも
猫は、適量の食物繊維であれば腸内に良い効果をもたらしますが、過剰摂取してしまうと逆効果となり、下痢や嘔吐などといった消化不良に繋がってしまう恐れがあるのです。
猫は肉食動物なので、主食である動物の肉や魚を腸内で消化することは得意ですが、野菜を食べる習慣はないため消化が少々苦手です。
そのため、大量摂取してしまうと消化が追いつかなくなる場合があります。
食物繊維は便秘気味の猫や、毛玉をうまく排出できない猫にはおすすめできますが、下痢をしやすい猫や消化不良になりやすい猫などにはおすすめできません。

2-2.ビタミンが含まれないキャットフードもある
キャットフードによっては、野菜由来のビタミンが含まれていない場合があります。
特に、高熱によって焼き上げるドライフードなどは、加熱によってビタミンや酵素、抗酸化物質などの成分が破壊されてしまう特徴があります。
総合栄養食のフードであれば後から必要なビタミンが添加されているので、栄養不足などに陥る心配はありませんが、野菜を使っているからといって、全てのフードに野菜由来のビタミンが含まれているわけではないので注意が必要です。
ですから、ビタミン摂取が目的の場合、必ず野菜入りのキャットフードを与えないといけないというわけではありません。
また、サプリメントなどで摂取させてあげるといった方法もあります。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細